泉鏡花 現代語訳集11 古狢 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの泉鏡花 現代語訳集11 古狢無料サンプル&試し読み


【あらすじ】久しぶりに故郷へ戻った帰省者が、その美しい従妹の娘、お町と連れ立ち、昔よく行った蓮池を訪れる途中、北国の冬空らしく、それまで日の当たっていたそこにさっと村雨がかかった。その雨を凌ぐために入った、土間を奥深く、広々と取った、しんとして暗い、大きな蓮根問屋の縁台で、お町が七輪で焼いた慈姑を肴に麦酒を飲みながら、帰省者は、前々日に泊まった鹿落の温泉で、真夜中、厠の黒い戸の裏側の桟にうねうねと絡む、美しい白い手を見た―と話した。思わず念仏を唱えるくらいびっくりしたが、何のことはない、ただ先へ入っていた女が、人影が来たので急いで戸を閉めただけのことだ―と続いて説明すると、お町は、鹿落の旅館の、その三つ並んだ真ん中の厠は、取り壊されて今はないはずです―と言う。そして、ずッと川上の川魚料理の店の、お藻代という女中が、一夜の情事の際の事故が元となり、鹿落の温泉で亡くなった話を語り始めた。【あとがき より】本書は、明治後期から昭和の初めにかけて活躍した作家、泉鏡花(1873-1939)の作品の現代語訳である。鏡花の作品世界に満ち溢れる、美妙幽玄な魅力を音に聞き、それを味わってみようと足を踏み入れたものの、特異な文体によって描き出される風景の綺羅のような輝きに目を眩まされ、道半ばで現の世に戻らざるを得なかった人はけっして少なくないだろう。訳者が目指したのは、現代の一般的読者が、大きな困難を感じることなく、内容を把握しながら読み通すことのできる文章に仕上げることであった…



泉鏡花 現代語訳集11 古狢無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


泉鏡花 現代語訳集11 古狢詳細はコチラから



泉鏡花 現代語訳集11 古狢


>>>泉鏡花 現代語訳集11 古狢のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



BookLive「泉鏡花 現代語訳集11 古狢」は持ち運びに便利なスマホやタブレット型端末で読むことができるわけです。初めだけ試し読みが可能になっているので、それによって本当にそれを買うかどうかの結論を下す方が増えているみたいです。
コミックや本を購入する時には、パラパラとストーリーをチェックしてから決める人が殆どです。無料コミックなら、立ち読み感覚で内容を閲覧することができるのです。
BookLive「泉鏡花 現代語訳集11 古狢」のサイトで若干違いますが、1巻丸々フリーで試し読みできるというところも見受けられます。1巻だけ読んで、「楽しいと感じたなら、次巻以降を買ってください」という仕組みです。
無料漫画については、書店での立ち読みのようなものだと捉えられます。ストーリーを一定程度把握してからゲットすることができるので、利用者も安心感が違います。
最新刊が出版されるたびに書店まで行って買うのは時間がかかりすぎます。とは言っても、数冊まとめて買うのは内容がイマイチだったときの金銭的・心理的ダメージがデカすぎるでしょう。BookLive「泉鏡花 現代語訳集11 古狢」なら1冊ずつ購入できて、その点心配無用だと言えます。




泉鏡花 現代語訳集11 古狢の情報概要

                    
作者名 泉鏡花 現代語訳集11 古狢
泉鏡花 現代語訳集11 古狢ジャンル 本・雑誌・コミック
泉鏡花 現代語訳集11 古狢詳細 泉鏡花 現代語訳集11 古狢(コチラクリック)
泉鏡花 現代語訳集11 古狢価格(税込) 216
獲得Tポイント 泉鏡花 現代語訳集11 古狢(コチラクリック)


ページの先頭へ