P+D BOOKS 悲しみの港(上) 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveのP+D BOOKS 悲しみの港(上)無料サンプル&試し読み


現実と幻想の間を彷徨する若き小説家の懊悩。「僕が故郷に漠然と期待したのは避難港だった。ところが、それどころではなかった」――。東京から郷里の静岡県藤枝市に居を移した三十手前の小説家・及川晃一の日常的思索を描いた著者の自伝的小説の前編。1994年、発刊時の単行本の帯には[自分はすでに難破船か、骸骨か。それでもなお試練の故郷で文学者が探し求める自我の新しい船出。現実と想像のあわいに明晰な幻視者・小川国夫が眼をそそぐ]とある。日本人とは、市民とは、そして小説家とは何かを考え続けた、「内向の世代」の作家・小川国夫の深い懊悩が滲む秀作。朝日新聞に連載され、第5回伊藤整文学賞を受賞。



P+D BOOKS 悲しみの港(上)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


P+D BOOKS 悲しみの港(上)詳細はコチラから



P+D BOOKS 悲しみの港(上)


>>>P+D BOOKS 悲しみの港(上)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



日頃より山ほど漫画を買うという人にとりましては、月極め料金を納めれば何冊であろうとも読み放題で閲覧することができるという仕組みは、まさしく画期的だと高く評価できるでしょう。
時間を潰すのにベストなサイトとして、支持されているのが、BookLive「P+D BOOKS 悲しみの港(上)」だと言われています。ショップまで行ってどれにしようかと漫画を探す必要もなく、スマホのみで購読できてしまうという部分がメリットです。
お金にならない無料漫画を敢えて読めるようにすることで、訪問者を増やし利益増に繋げるのが事業者にとっての目論みですが、同時に利用者側も試し読みができるので、良い判断材料になります。
無料コミックだったら、購入を躊躇っている漫画の内容をサービスで試し読みすることができるようになっています。購入する前にストーリーをそこそこ読むことができるので、ユーザーからの評価も高いです。
競合サービスを凌いで、これほど無料電子書籍というシステムが普及している要因としては、町の書店が減る一方であるということが挙げられるでしょう。




P+D BOOKS 悲しみの港(上)の情報概要

                    
作者名 P+D BOOKS 悲しみの港(上)
P+D BOOKS 悲しみの港(上)ジャンル 本・雑誌・コミック
P+D BOOKS 悲しみの港(上)詳細 P+D BOOKS 悲しみの港(上)(コチラクリック)
P+D BOOKS 悲しみの港(上)価格(税込) 594
獲得Tポイント P+D BOOKS 悲しみの港(上)(コチラクリック)


ページの先頭へ