ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方 あなたに足りないのは「察する力」だった! 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveのITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方 あなたに足りないのは「察する力」だった!無料サンプル&試し読み


「察する力」――30年にわたる人材育成の実績を持つ著者は、「ITエンジニアのコミュニケーションがうまくいかないのは、『相手がどう感じるかを想像する力』と『相手の状況を観察する力』が不足しているためである」と説きます。 相手に問題があるように感じる場合でも、実はITエンジニア側がもう少し「想像力」を豊かに相手と接し、接している最中は相手をよく「観察」することで、聴き方も話し方も交渉の仕方も変わってくるのです。 本書では、この「想像力」と「観察力」を合わせたものを「察する力」と表現し、現場でよく起こる30の“あるある”な事例を題材にしながら、ITエンジニアのコミュニケーションがなぜうまくいかないのか、どうすればうまくいくのかを、具体的な「スキル」として解き明かしていきます。「察する力」を身に付けることで、あなたのコミュニケーションスキルは格段に向上し、仕事はうんと進めやすくなるでしょう。●推薦のことば本書の良さはズバリ、「仕事でどう動けば顧客や社内で良い評価を受けるのか」を具体的に学べるところだ。良い仕事をするために大事なことは、一緒に仕事をする人達が「どうしたいのか」を察して、一歩先んじて動くことである。本書ではそれが数多く具体的に紹介されている。「察する力」は年齢や経験年数に関係なく誰でも必要な能力だが、若いうちに身につけると成長が速くなるので特に若手エンジニアには必見の内容である。ITpro連載「一つ上のヒューマンマネジメント」著者 芦屋 広太 氏



ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方 あなたに足りないのは「察する力」だった!無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方 あなたに足りないのは「察する力」だった!詳細はコチラから



ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方 あなたに足りないのは「察する力」だった!


>>>ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方 あなたに足りないのは「察する力」だった!のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



購入したあとで、「考えていたよりもつまらない内容だった」としても、書籍は返品することなどできるはずがありません。けれども電子書籍ならまず試し読みから入れるので、そうした失敗を防ぐことができます。
漫画を買う時は必ず電子書籍を利用するという方が右肩上がりに増えています。バッグなどに入れて携行することも不要になりますし、本をしまう場所も必要ないというのが大きな理由です。加えて言うと、無料コミックに指定されているものは、いつでも試し読み可能です。
新作が発表されるたびに漫画を買い求めていけば、その内置き場所に困るということが起きてしまいます。でも書籍ではないBookLive「ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方 あなたに足りないのは「察する力」だった!」であれば、片付けるのに困ることがあり得ないので、狭い部屋でも気にすることなく楽しめるというわけです。
スマホやiPadの中に購入する漫画を全て保管すれば、保管場所に気を配る必要などないのです。先ずは無料コミックからトライしてみることを推奨します。
移動中の何もしていない時などのちょっとした手空き時間にさらっと無料漫画を読んで面白そうな漫画を見つけ出しておけば、公休日などの時間が作れるときにDLして続きをエンジョイすることも可能なのです。




ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方 あなたに足りないのは「察する力」だった!の情報概要

                    
作者名 ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方 あなたに足りないのは「察する力」だった!
ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方 あなたに足りないのは「察する力」だった!ジャンル 本・雑誌・コミック
ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方 あなたに足りないのは「察する力」だった!詳細 ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方 あなたに足りないのは「察する力」だった!(コチラクリック)
ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方 あなたに足りないのは「察する力」だった!価格(税込) 2052
獲得Tポイント ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方 あなたに足りないのは「察する力」だった!(コチラクリック)


ページの先頭へ