中上健次 電子全集18 『未完の中上ワールド――開かれた終焉へ』 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの中上健次 電子全集18 『未完の中上ワールド――開かれた終焉へ』無料サンプル&試し読み


中上文学の終焉。“運命の男女”の愛を描き映画化もされた『軽蔑』、アジアへと増幅する長大な未完作『異族』を収録。『軽蔑』は完結した中上最後の小説。死の前月(1992年7月)に刊行され、2011年廣木隆一監督、高良健吾、鈴木杏の共演で映画化された。風俗店の踊り子・真知子と地方の資産家の息子で暴走族上がりの放蕩児カズさん。「これから高飛びだぜ」の一言で運命の扉を開く二人だが、カズの背負い込んだギャンブルによる多額の借金で田舎での暮らしは破綻、「男と女、五分と五分」の関係はカズの死であっけなく終幕を迎える。『鳳仙花』以来の二度目の新聞連載小説だった。『異族』は著者にとって最長の作品、残り百枚足らずのところで完成を見なかった。「路地」に生を受けたタツヤ、在日韓国人二世のシム、アイヌモシリのウタリなど胸に青アザ(旧満州国の地図に擬せられる)を持つ複数の登場人物が、右翼の大物に導かれ、満州国再興のミッションを携えて、東京-沖縄(石垣島)-台湾-フィリピン(ダバオ)と転々とアジアの南に舞台を移しながら物語を増殖させる……。なお、『青い朝顔』はフランスの出版社の依頼で書いた短篇で、作家の死後間もなくして発見された。【ご注意】※お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。※この作品にはカラー写真が含まれます。



中上健次 電子全集18 『未完の中上ワールド――開かれた終焉へ』無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


中上健次 電子全集18 『未完の中上ワールド――開かれた終焉へ』詳細はコチラから



中上健次 電子全集18 『未完の中上ワールド――開かれた終焉へ』


>>>中上健次 電子全集18 『未完の中上ワールド――開かれた終焉へ』のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



スマホ上で見る電子書籍は、一般的な本とは異なりフォントの大きさを変更することが可能ですので、老眼で見えづらい高齢の方であっても難なく読むことができるという長所があるわけです。
放映されているものを毎週オンタイムで視聴するというのは大変ですが、無料アニメ動画として視聴できるものなら、あなた自身の都合に合わせて視聴することができます。
普段使っているスマホに今後購入する漫画を全て保管すれば、本棚の空き具合について気にする必要などないのです。先ずは無料コミックから目を通してみると良いでしょう。
購入したあとで、「想定よりもつまらなかった」というケースであっても、読んでしまった書籍は交換してもらうことは不可能です。ところが電子書籍なら最初に試し読みができるので、こうした状況をなくすことができます。
BookLive「中上健次 電子全集18 『未完の中上ワールド――開かれた終焉へ』」はノートパソコンやスマホ、タブレット端末で閲覧することが可能なわけです。ちょっとだけ試し読みができますから、その結果次第でその漫画を買うかどうかを判断する人もたくさんいると聞きます。




中上健次 電子全集18 『未完の中上ワールド――開かれた終焉へ』の情報概要

                    
作者名 中上健次 電子全集18 『未完の中上ワールド――開かれた終焉へ』
中上健次 電子全集18 『未完の中上ワールド――開かれた終焉へ』ジャンル 本・雑誌・コミック
中上健次 電子全集18 『未完の中上ワールド――開かれた終焉へ』詳細 中上健次 電子全集18 『未完の中上ワールド――開かれた終焉へ』(コチラクリック)
中上健次 電子全集18 『未完の中上ワールド――開かれた終焉へ』価格(税込) 2101
獲得Tポイント 中上健次 電子全集18 『未完の中上ワールド――開かれた終焉へ』(コチラクリック)


ページの先頭へ