コンビニ経済圏 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveのコンビニ経済圏無料サンプル&試し読み


金融や介護、宅配、農業…。1970年代の誕生以降、コンビニの店舗網やサービスは広がり続け、今や暮らしに欠かせない存在だ。2016年9月にはファミリーマートとサークルKサンクスが統合予定で、業界トップのセブン―イレブン・ジャパンを追撃、消費者を取り込むための競争も活発化する。コンビニはこれからどこに向かうのか。商品開発力や物流網、金融インフラ、人材といった切り口から、「コンビニ経済圏」の強さ・課題を探る。 本書は週刊エエコノミスト2016年1月19日号で掲載された第2特集「コンビニ経済圏」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・社会構造の変化に対応 他を取り込む成長モデル・「時間資本主義」の時代 電子商取引の普及が転換点・圧倒的なセブンの収益力 焦点はナンバー2争いへ・物流 消費者の「冷蔵庫」支えるインフラ・銀行 「集客」から「稼ぐ」手段に・商品開発 食品メーカー巻き込み開発・健康 進む「ドラッグストア化」・人手不足 サービス拡大でも時給上がらず【執筆者】山崎泰弘、松岡真宏、清水倫典、信田洋二、上杉光、鈴木孝之、川乃もりや、週刊エコノミスト編集部



コンビニ経済圏無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


コンビニ経済圏詳細はコチラから



コンビニ経済圏


>>>コンビニ経済圏のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「手持ちの漫画が増え過ぎて頭を悩ましているから、購入を躊躇する」といった事態にならないのが、BookLive「コンビニ経済圏」のメリットです。いくら買おうとも、整理整頓を心配する必要はありません。
スマホが1台あれば、BookLive「コンビニ経済圏」を好きな時に閲覧できます。ベッドでくつろぎながら、眠りに就くまでのリラックスタイムに閲覧するという人がたくさんいるそうです。
スマホで閲覧できるBookLive「コンビニ経済圏」は、どこかに行くときの持ち物を軽くするのに役立ちます。リュックやカバンの中などに本をたくさん入れて持ち運ぶなどしなくても、好きな時間に漫画を閲覧することができます。
要らないものは捨てるという考え方が世間に分かってもらえるようになった今日、本も冊子本という形で持つことなく、BookLive「コンビニ経済圏」を活用して愛読する人が増加しています。
比較してからコミックサイトを決めているという人が増加しています。ネットを介して漫画をエンジョイする為には、あまたあるサイトの中より自分に適したものをピックアップすることが大切になってきます。




コンビニ経済圏の情報概要

                    
作者名 コンビニ経済圏
コンビニ経済圏ジャンル 本・雑誌・コミック
コンビニ経済圏詳細 コンビニ経済圏(コチラクリック)
コンビニ経済圏価格(税込) 216
獲得Tポイント コンビニ経済圏(コチラクリック)


ページの先頭へ