サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveのサッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論無料サンプル&試し読み


日本サッカー協会技術委員を務める、ゾーンディフェンスのパイオニアが正真正銘の守備メソッドを記した「超ゾーンディフェンス論」。日本に足りない守備の哲学と基本理解。守備の戦術とセオリーを知れば、日本は世界で戦える。Jリーグの監督として数々のチームを指揮し、守備組織の理論と構築のスペシャリストである松田浩氏が、その守備メソッドと理論を徹底解説。現状の世界の守備のトレンドも解き明かしていく。ゾーンディフェンスの理論と実践についても、Jリーグ監督時代に実際に使用していた対戦相手の分析ノートやトレーニングメニューを初公開。サッカーファンのみならず、指導者やプレーヤーも必読の書。【目次】第一章 欧州の守備最前線4-4-2ゾーンディフェンスは守備の型/ボールの位置、次に味方の位置で決まる守備位置/4-3-3の弱点が露呈したバルセロナ戦/バイエルンが見せた『ゲーゲンプレス』封じ第二章 ゾーンディフェンスの衝撃ゾーンディフェンスは相手がどう動こうが関係ない/水族館のイワシの群れがワッと動く動きが理想/選手全員が常に一個のボールに関わりながらボールホルダーに圧力をかける/ボールに迂闊に飛び込まない=ボクシング・ムーブメント第三章 ゾーンディフェンスとは何か守備の主導権を握るのはあくまで守備者/なぜ4-4-2なのか?/4-3-3や4-1-4-1の試行錯誤で見えたメリット・デメリット/飛び込まずにパスコースを限定する役割を担う第一線の守備/資料:各ポジションの役割第四章 ゾーンディフェンス+ゲーム戦術組織的堅守に不可欠なゲーム戦術/相手の時間と空間を奪う/規格外のタレントたちを止めるラインコントロール/ドリブラーに対抗するための“くっつくDF”/特に危険な“クリティカルフェイズ”とは?/クリアしたあと最終ラインはペナルティエリアまではあげる/セットプレーにおけるゾーンとマンツー。失点する確率が低いのは? 第五章 日本サッカーが強くなるためにサッカーの本質とは激しいもの。ジャパンズウェイができたとき日本は強くなる/育成年代で押さえておきたい3対3のゾーンディフェンス/戦術的な柔軟性を身につけるには付録1:ゾーンディフェンスのトレーニング集付録2:松田浩の4-4-2



サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論詳細はコチラから



サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論


>>>サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



なるべく物を持たないという考え方が多くの人に賛同されるようになったと言える今現在、本も印刷物として持つことなく、BookLive「サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論」越しに読むようになった人が増えているようです。
電子書籍も一般書籍と同じで情報が商品なので、気に入らなくてもお金を返してもらうことはできません。だからこそ、ストーリーをチェックするためにも、無料漫画を閲覧することを推奨します。
「乗車中に漫画本を広げるなんて出来ない」、そんな人であってもスマホ自体に漫画を保管すれば、他人の目を気にする必要がなくなるはずです。これこそがBookLive「サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論」の凄さです。
「画面が小さいから楽しめないのでは?」と言う人がいることも把握していますが、そういった人でもBookLive「サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論」を買ってスマホで閲覧すれば、その快適さに驚かされる人が多いです。
スマホを持っている人は、BookLive「サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論」を簡単に読むことができます。ベッドでゴロゴロしながら、寝るまでのリラックスタイムに満喫するという人が多いとのことです。




サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論の情報概要

                    
作者名 サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論
サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論ジャンル 本・雑誌・コミック
サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論詳細 サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論(コチラクリック)
サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論価格(税込) 2235
獲得Tポイント サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論(コチラクリック)


ページの先頭へ