一九七二年の銃後 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの一九七二年の銃後無料サンプル&試し読み


1972年2月。明日に札幌五輪の開幕を控え、彬子は暗い気持ちになっていた。今日は水曜日。30代半ばになって、急に子供がほしくなった夫・達彦と「夫婦の営み」をする日だったからだ。彬子は夫以外の男を知らない。しかも、行為自体が好きではなかった。どうやら夫との肉体的な相性はよくないらしい。彬子は疎ましい気分になった。その時、グアムのジャングルに28年間潜伏していた横井庄一さんが帰国したニュースがテレビから流れてきた。それをキッカケに古い記憶を思い出す。終戦の年、彬子は初等科の1年生。武蔵野の生家にいた。仲の良い友達は疎開してしまい、遊んでくれるのは近所に住んでいた年上のお姉さんの“さだちゃん”のみ。そのさだちゃんが防空壕の中で、父の弟である清二郎おじさんと体を重ねていたのを見てしまったのだ。「ここも、ここもここも、全部あたしのもの。誰にも渡さない」自ら上にまたがって腰を動かすさだちゃん。普段とはまったく違うその姿を思い出した彬子は、同じように夫にまたがって激しく腰を振り……。



一九七二年の銃後無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


一九七二年の銃後詳細はコチラから



一九七二年の銃後


>>>一九七二年の銃後のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



書店など人目につくところでは、あらすじを確認するのも後ろめたさを感じるような漫画だとしても、無料漫画システムを提供している電子書籍なら、ストーリーをよく理解してからダウンロードすることが可能なので、後悔することがありません。
超多忙な毎日でアニメを見る時間的余裕がないというサラリーマンにとっては、無料アニメ動画が好都合です。定められた時間帯に見るという必要性はないので、空き時間を有効に使って視聴可能です。
電子書籍を購入するというのは、情報をゲットすることだと言っていいでしょう。サイトがなくなってしまうようなことがあったら、支払ったお金は無駄になりますので、きちんと比較してから信頼に足るサイトを選択したいものです。
コミックを読むなら、コミックサイトが一押しです。購入する際の決済も簡単便利ですし、新しく出る漫画を購入したいがために、都度売り場で予約をすることも不要になるのです。
読み終わったあとに「考えていたよりもつまらなかった」ということがあっても、読んでしまった書籍は交換してもらえません。しかし電子書籍なら最初に試し読みができるので、こうしたことをなくせるのです。




一九七二年の銃後の情報概要

                    
作者名 一九七二年の銃後
一九七二年の銃後ジャンル 本・雑誌・コミック
一九七二年の銃後詳細 一九七二年の銃後(コチラクリック)
一九七二年の銃後価格(税込) 108
獲得Tポイント 一九七二年の銃後(コチラクリック)


ページの先頭へ