脳が縮む ~患者を生きる~ 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの脳が縮む ~患者を生きる~無料サンプル&試し読み


体がふらつき、まっすぐ歩けない。手も小刻みに震える。埼玉県の沼上直司さん(58)は、体の異変を感じていました。脳神経外科で検査すると、「脊髄(せきずい)小脳変性症」と告げられました。小脳などの神経細胞が徐々に失われて縮まり、運動機能が低下していく難病とのことでした。根本的な治療法はなく、病気は確実に進む。受け入れられない現実を、突きつけられました。「患者を生きる」脳と神経シリーズ。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:5592文字/単行本換算で10ページ】



脳が縮む ~患者を生きる~無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


脳が縮む ~患者を生きる~詳細はコチラから



脳が縮む ~患者を生きる~


>>>脳が縮む ~患者を生きる~のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



BookLive「脳が縮む ~患者を生きる~」が40代以降の人たちに支持されているのは、若かったころに反復して読んだ漫画を、新しい気持ちで容易く楽しめるからだと言えるでしょう。
スマホで読む電子書籍は、便利なことに文字のサイズを自分好みに変えることが可能ですので、老眼のせいで読書を敬遠してきた60代以降の方でも苦労せずに読めるという特性があります。
講読者数の伸び悩みが叫ばれる中、電子書籍は今までとは異なるシステムを提案することにより、新規ユーザーをどんどん増やしています。前代未聞の読み放題という仕組みが起爆剤になったのです。
電子無料書籍を有効活用すれば、手間暇かけてお店まで出掛けて行って内容を確認する必要がなくなります。こうしたことをせずとも、「試し読み」すれば内容のチェックができてしまうからです。
Web上の通販ショップでは、総じて表紙とタイトル、それにざっくりとしたあらすじしか確かめられません。だけれどBookLive「脳が縮む ~患者を生きる~」なら、何ページ分かは試し読みすることが可能です。




脳が縮む ~患者を生きる~の情報概要

                    
作者名 脳が縮む ~患者を生きる~
脳が縮む ~患者を生きる~ジャンル 本・雑誌・コミック
脳が縮む ~患者を生きる~詳細 脳が縮む ~患者を生きる~(コチラクリック)
脳が縮む ~患者を生きる~価格(税込) 216
獲得Tポイント 脳が縮む ~患者を生きる~(コチラクリック)


ページの先頭へ