公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152無料サンプル&試し読み


多くの国民が反対した安保法案を推進する公明党には、創価学会員からもブーイングが起こった。「平和の党」を標榜する公明党だが、本当にそうなのか? 公明党の支持母体である創価学会も最高指導者の不在が長い。週刊誌などが創価学会のスキャンダルを暴くこともほとんどなくなり、会員は信仰2世や3世が中心で、会員数の伸びも止まっている。日本の政治を左右する公明党と創価学会は、どこに向かおうとしているのか。 本誌は『週刊東洋経済』2015年9月26日号掲載の28ページ分を電子化したものです。●●目次●●【第1章】岐路に立つ公明党公明党に「身内」の波乱公明党が自衛隊の活動範囲を広げてきた「ポスト池田」にらみ交錯する主導権争い都議会では与党歴40年。少数派ながら強い影響力バラマキ色強い経済政策。看板「軽減税」にも黄信号結党51年。問われる立党の原点【第2章】創価学会大解剖創価学会 基本のキ創価学会はなぜ社会から嫌われるのか【スクープ】極秘史料が物語る「戦時」創価学会の真実【創価学会もう1つの歴史】宗門、共産党との暗闘広告、印刷通じて接近 創価学会とメディア創価大入学は「お買い得」?



公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152詳細はコチラから



公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152


>>>公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



読み放題というサービスは、電子書籍業界でしか成しえない言わば画期的とも言える試みです。利用者にとっても出版社側にとっても、メリットが多いと言えるでしょう。
古いコミックなど、店舗では取り寄せてもらわなければ手に入れられない書籍も、BookLive「公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152」の形でたくさん取り扱われていますので、スマホのボタンを操作するだけで買い求めて楽しむことができます。
書店では見つけられないであろう大昔の本も、電子書籍では扱われています。無料コミックのラインナップの中には、シニア世代が以前読んでいた漫画が含まれていることもあります。
1冊ずつ本屋まで購入しに行くのは面倒なことです。そうは言っても、一気買いはつまらなかったときの金銭的・心理的ダメージが大きいです。BookLive「公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152」なら一冊ずつ買うことができるので、失敗がありません。
「本棚が漫画で溢れている状態で置き場所がないから、買うのを躊躇してしまう」ということが起こらないのが、BookLive「公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152」が人気になっている理由なのです。どんどん大人買いしても、置き場所を心配しなくてよいのです。




公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152の情報概要

                    
作者名 公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152
公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152ジャンル 本・雑誌・コミック
公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152詳細 公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152(コチラクリック)
公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152価格(税込) 324
獲得Tポイント 公明党、創価学会よどこへ行く―週刊東洋経済eビジネス新書No.152(コチラクリック)


ページの先頭へ