群れなす雛たちへ送るエール 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの群れなす雛たちへ送るエール無料サンプル&試し読み


我々は雛だ! デジタル化とネットワーク化により、誰もが「publisher」になれる時代。書き手と読み手は、既存の流通手段に頼らずとも、ダイレクトに繋がれる。自らの手で作品を世に送り出す「インディーズ作家」たちに送られた、力強いエールがここにある。雛たちよ、その翼を思う存分羽ばたかせよ!●仲俣暁生『「群雛 (GunSu)」の創刊によせて』 鶴見俊輔が打ち出した「限界芸術」という概念の可能性が、いまあらためて試されている。宮沢賢治が感じたような、未来圏から吹く見えない風を感じとれ!(初出:『月刊群雛』2014年02月号)●池田敬二『「月刊群雛」への応援歌』 芥川賞候補に五回選ばれるもすべて落選、自殺してしまった不遇の作家・佐藤泰志。もし彼がいま生きていたら。自分の足で立ち上がるためのツールやテクノロジーが整ってきた現在は、創作者にとって幸福な時代だ。(初出:『月刊群雛』2014年08月号)表紙イラスト:伊富魚(『月刊群雛』2014年10月号表紙イラスト担当)



群れなす雛たちへ送るエール無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


群れなす雛たちへ送るエール詳細はコチラから



群れなす雛たちへ送るエール


>>>群れなす雛たちへ送るエールのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



昔は店頭販売されている本を購入していたといった人も、電子書籍を利用した途端、普通の本に不便さを感じるようになるということが多いのだそうです。コミックサイトもたくさん見られますから、是非とも比較してから選択してください。
BookLive「群れなす雛たちへ送るエール」が40代以降の人たちに受け入れられているのは、中高生だったころに読みふけった漫画を、もう一回自由に見ることができるからだと言えるでしょう。
「自分の家に置くことができない」、「購読していることをヒミツにしておきたい」ような漫画であったとしても、BookLive「群れなす雛たちへ送るエール」を活用すれば他の人に非公開のまま読み放題です。
スマホを使用して電子書籍をダウンロードすれば、バスでの移動中やブレイクタイムなど、好きな時間に夢中になれます。立ち読みも気軽にできるため、本屋に立ち寄るなんて必要はないのです。
BookLive「群れなす雛たちへ送るエール」の拡販戦略として、試し読みが可能という取り組みは素晴らしいアイデアだと言えます。時間に関係なくマンガの内容を把握できるので、隙間時間を有効に使用して漫画選定ができます。




群れなす雛たちへ送るエールの情報概要

                    
作者名 群れなす雛たちへ送るエール
群れなす雛たちへ送るエールジャンル 本・雑誌・コミック
群れなす雛たちへ送るエール詳細 群れなす雛たちへ送るエール(コチラクリック)
群れなす雛たちへ送るエール価格(税込) 216
獲得Tポイント 群れなす雛たちへ送るエール(コチラクリック)


ページの先頭へ