翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走無料サンプル&試し読み


「つぶさなあかん」と言われる理由「百田発言」で注目の「沖縄タイムス」と「琉球新報」は、毎日何を書いているのか。稀代の「怪物知事」を生んだ異常な背景を解き明かす! 《エスカレートする翁長氏の行動は、いずれも県紙2紙をはじめとした沖縄メディアが事前に煽ってきたものだ。翁長氏の知事就任以来、沖縄県の強硬姿勢と沖縄メディアの翼賛報道は、相互に増幅を繰り返しているように見える。言ってみれば、翁長氏は沖縄メディアの「脚本・演出」を忠実に実現する、偉大な「主演俳優」なのだ》(「はじめに」より)沖縄に「言論の自由」はない! ●目次「尖閣の地元紙」から見た虚構の沖縄-はじめに第1章 翁長知事とは何者か第2章 「異論」が封じられた辺野古問題第3章 地元メディアが語らない尖閣の危機第4章 与那国自衛隊配備を歪めるもの第5章 教育現場も支配する地元メディア第6章 イデオロギー「平和教育」の嘘巻末付録 沖縄2紙の「トンデモ社説」●主な内容国連を利用した「反日」活動/沖縄人は「先住民」なのか/「世界へ発信」も各国代表はスマホいじり/琉球新報の編集局長と並んで登壇/「中国属国化」の象徴が那覇港に/翁長票を割るなと「大局」を説く沖縄タイムス/「百田発言」が10日連続1面トップ/抗議のカヌーを漕ぐ女性をアイドル扱い/「八重山日報がいるぞ」/反基地派から「殺人者」/「平和」勢力の攻撃性/公安調査庁が名指しした琉球新報の独立論/「基地移設」と言わなくなった地元メディア/「新基地」だけでないイデオロギー用語/反対派と比べ層の薄い「沖縄保守」/非常手段も辞さない「尖閣ストーカー」/中国「防空識別圏」そっちのけで反基地報道/南シナ海の中国基地には抗議しない反基地派/人口減少「このままでは第2の尖閣になる」/「賛成派農家はサトウキビを作らぬ」と批判/地元メディアが「反対」の先頭に立つ構図/文科省を悪代官扱いする県紙の悪質報道/教科書選びは「軍の関与」明記に矮小化/尖閣危機と無縁ではない「軍神」の復活/空想、トラウマ、反国家/「平和教育」にも言論の自由はない



翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走詳細はコチラから



翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走


>>>翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



コミックや本を購入する際には、ざっくりと中身をチェックしてから決める人の方が多いです。無料コミックなら、立ち読みと変わらない感じで中身を確かめることが可能です。
普段から山ほど漫画を買うという方からすると、毎月決まった料金を支払うことで満足するまで読み放題で堪能できるというサービスシステムは、それこそ革新的と言えるのではないでしょうか?
スマホを持っていれば、BookLive「翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走」を手軽に読めるのです。ベッドに横たわって、眠るまでのリラックスタイムに楽しむという人が多いのだそうです。
「通勤時にも漫画に没頭したい」などと言う人に便利なのがBookLive「翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走」だろうと思われます。漫画を鞄に入れて歩くこともなくなりますし、鞄の荷物も軽量になります。
映画化で話題の漫画も、無料コミックで試し読み可能です。所有しているスマホで読めるので、自分以外に知られたくないとか見られると困るような漫画もこっそり楽しむことができるのです。




翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走の情報概要

                    
作者名 翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走
翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走ジャンル 本・雑誌・コミック
翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走詳細 翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走(コチラクリック)
翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走価格(税込) 1404
獲得Tポイント 翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走(コチラクリック)


ページの先頭へ