牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日無料サンプル&試し読み


「うまい、はやい、安い」といえば、牛丼。 給料日が迫った繁華街の昼、多くのサラリーマンが牛丼屋に駆け込む姿は、今や日常の見慣れた光景である。日本人の生活に浸透する庶民の味方といえる牛丼。しかしながら、私たちのしらないところで「日本で牛丼が食べられなくなる日が来る」という動きが現実化しつつある。その流れをつくっているのは、リーマンショックの後、息を潜めたかにみえた「マネー資本主義」。このグローバルマネーが次のターゲットに選んだのは、「牛肉」だった。世界的な牛肉争奪戦の裏で進行する、知られざる動きとは一体何なのか。『里山資本主義』『里海資本論』の著者が、「強欲化する世界」に迫る渾身の1冊。【著者紹介】井上恭介(いのうえ・きょうすけ)NHKエンタープライズ エグゼクティブプロデューサー1964年生まれ。京都出身。87年東京大学法学部卒業後、NHK入局。報道局・大型企画開発センター・広島局などを経て、現職。ディレクター、プロデューサーとして、一貫して報道番組の制作に従事。主な制作番組にNHKスペシャル「オ願ヒ オ知ラセ下サイ~ヒロシマ・あの日の伝言~」(集英社新書から『ヒロシマ 壁に残された伝言』として書籍化) 「マネー資本主義」(新潮文庫から同名書籍化)「里海SATOUMI瀬戸内海」(角川新書から『里海資本論』として書籍化)などがある。広島局で中国地方向けに放映した番組をまとめた角川新書の『里山資本主義』は40万部を超えるベストセラーに。【目次より】第1章◆日本で「牛丼」を食べられなくなる?第2章◆中国で始まった「異次元“爆食”」第3章◆ヒツジへの玉突き現象第4章◆大豆を求めてアメリカ、そしてブラジルへ第5章◆牛肉と穀物の世界を変えるマネー第6章◆グローバル資本主義の天国と地獄第7章◆ブラジルを襲った大干ばつ第8章◆牛肉は「工業製品」か「生き物」か第9章◆地球の限界を救えと立ち上がった SATOYAMA/SATOUMI第10章◆気候変動、食料危機はどう回避できるのか



牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日詳細はコチラから



牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日


>>>牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



電子書籍を買うというのは、ネットを通じて文字などの情報をゲットするということを意味するのです。サービス提供企業が倒産してしまいますと利用できなくなりますので、絶対に比較してから信頼に足るサイトをチョイスしましょう。
電子書籍に限っては、いつの間にやら金額が高くなりすぎているという可能性があります。しかし読み放題であればあらかじめ料金が決まっているので、何タイトル読もうとも支払が高額になる可能性はゼロなのです。
その他のサービスに負けることなく、このように無料電子書籍というものが人気を博している要因としては、地元の本屋が消滅しつつあるということが想定されると聞いています。
サービスの充実度は、会社によってまちまちです。従いまして、電子書籍を何処で購入するのかというのは、当然比較して考えるべきだと言っていいでしょう。簡単に決めるのは早計です。
その日を大切にしたいというなら、空き時間を有効に活用すべきでしょう。アニメ動画の視聴は通勤中でも可能なことですから、そのような時間を有効活用するというふうに決めてください。




牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日の情報概要

                    
作者名 牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日
牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日ジャンル 本・雑誌・コミック
牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日詳細 牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日(コチラクリック)
牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日価格(税込) 1620
獲得Tポイント 牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日(コチラクリック)


ページの先頭へ