「構造的人種主義」の生成過程からみるルワンダの紛争要因 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの「構造的人種主義」の生成過程からみるルワンダの紛争要因無料サンプル&試し読み


●本の紹介ルワンダ紛争とは、一般的に、植民地独立を前後してウガンダに逃れたツチ難民を中心に構成されたRwanda Patriotic Front(RPF)が、1990年10月にルワンダ国境へと侵攻したことに始まった、RPFとルワンダ政府との間に起きた内戦のこと。そして、1994年4月6日にルワンダ大統領ジュヴェナル・ハビャリマナ(Juvenal Habyarimana)が暗殺されたことを契機として、ツチを中心にフツも含め80万人にも上る人々が殺戮されたことで、世界を震撼させた紛争のことである。本書では、人種主義がルワンダにおける紛争やジェノサイドの要因として重要性を持つことを、ベルギー支配下の植民地時代を起点とした歴史の連続性の中で植民地独立後の「人種主義的事柄」を考察することによって、明らかにしていく。2014年3月に立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科に提出した博士学位論文「構造的人種主義の生成過程からみるルワンダの紛争要因――制度と社会状況からの考察」を修正・加筆した専門書。●著者プロフィール佐藤里香(さとう・りか)平和学、人種主義研究、民族間紛争研究、ポピュリズム研究。立教大学社会学部卒業後、社会経験を経て立教大学大学院に入学。2014年、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科博士課程後期課程修了。博士号(社会デザイン学)取得。●目次序章第I部 ルワンダにおける人種主義の歴史的考察――制度と社会状況の変容から第1章 植民地化から植民地時代最盛期第2章 社会革命前夜から1964年(1949‐1964)第3章 共和国の時代(1964‐1990)第4章 内戦期間(1990‐1994)第II部 人種主義の構造化という観点から考察するルワンダの紛争要因第5章 ルワンダに展開された人種主義第6章 社会における「人種主義の構造化」という観点から考察するルワンダ結論



「構造的人種主義」の生成過程からみるルワンダの紛争要因無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


「構造的人種主義」の生成過程からみるルワンダの紛争要因詳細はコチラから



「構造的人種主義」の生成過程からみるルワンダの紛争要因


>>>「構造的人種主義」の生成過程からみるルワンダの紛争要因のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



移動中だからこそ漫画に没頭したいといった人にとって、BookLive「「構造的人種主義」の生成過程からみるルワンダの紛争要因」ぐらい嬉しいものはないと言えます。たった1台のスマホを持っているだけで、いつでも漫画を購読できます。
幅広い本を乱読したい方にとって、沢山買い求めるのはお財布への負担が大きいものだと考えます。けれども読み放題でしたら、書籍購入代金を削減することができます。
きちんと比較してから、自分にあったコミックサイトを決める人がほとんどです。漫画を電子書籍で楽しむ為には、あまたあるサイトの中より自分のニーズを満たしてくれるサイトを選択するようにしないといけません。
漫画を買う人の数は、残念ながら少なくなっています。他社と同じような営業戦略は見直して、誰でも読める無料漫画などを提示することで、新規顧客の獲得を目指しているのです。
「電子書籍は嫌いだ」とおっしゃる愛読家の方も多々ありますが、1回でもスマホ上で電子書籍を閲覧すれば、持ち運びの便利さや購入のシンプルさから何度も購入する人がほとんどだとのことです。




「構造的人種主義」の生成過程からみるルワンダの紛争要因の情報概要

                    
作者名 「構造的人種主義」の生成過程からみるルワンダの紛争要因
「構造的人種主義」の生成過程からみるルワンダの紛争要因ジャンル 本・雑誌・コミック
「構造的人種主義」の生成過程からみるルワンダの紛争要因詳細 「構造的人種主義」の生成過程からみるルワンダの紛争要因(コチラクリック)
「構造的人種主義」の生成過程からみるルワンダの紛争要因価格(税込) 1728
獲得Tポイント 「構造的人種主義」の生成過程からみるルワンダの紛争要因(コチラクリック)


ページの先頭へ