私本 鳩摩羅什三蔵伝 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの私本 鳩摩羅什三蔵伝無料サンプル&試し読み


鳩摩羅什の母は若くして頭脳明晰で、この母が鳩摩羅什の生涯にわたって、大きな影響を与えた。鳩摩羅什は七歳になると、母と一緒に出家し、経典を誦し、九歳になると母とともにはるか遠くインドのケイ賓に勉学に出た。 そして、通った国において、須利耶蘇摩から大乗佛教の手ほどきを受け、突然開悟し、それからは大乗佛教の経典にのめり込んだ。 この羅什の名声を聞き、前秦の王・苻堅はこれを知り、すでに釈道安を手に入れているので、鳩摩羅什をも手に入れたいと思い、呂光将軍に兵七万をつけて亀茲を攻略し、鳩摩羅什を手に入れて来いと命じた。呂光は命令通りに王の白純を殺し鳩摩羅什を捕らえて凱旋の途についた。ところが、苻堅はみなの反対を押し切って南の国を攻め、ヒ水の戦いで敗れ亡くなってしまっていた。呂光は途中でそれを知ったが、長安には帰れず、武威まで来てそこで独立し、後涼という国を創り、閉じこもってしまった。 おかげで鳩摩羅什は中国への佛教弘布の望みは絶たれ、無駄な十八年を過ごす。やっと呂光が亡くなり、前涼も怪しくなり、後秦の苻堅によって前涼が倒され、鳩摩羅什はようやく長安に入ることが出来た。羅什はすでに五十歳を越える年齢になっていた。この後、長安における鳩摩羅什の活躍は目覚ましかった。いままでたわめられていた弓のつるが一気に解き放たれたように、大乗経典を始め大乗の論書、従来の人々が翻訳しておいた旧訳の経典、小乗佛教の経典など、すさまじい程の翻訳であった。鳩摩羅什の名声は四隣に轟いた。 『大品般若経』『妙法蓮華経』『維摩経』『無量壽経』『大智度論』『中論』『百論』等等三百余巻。しかも、翻訳した諸経典や論書は現在でも、すべて読まれている。 鳩摩羅什に関わる伝記の記述は、意外に少ない。しかし、鳩摩羅什が関わったさまざまな出来事は意外に多い。そこで、著者は鳩摩羅什の生涯と同時に鳩摩羅什に関わった人達のことも描いた。タイトルの「私本」とは、本書には仏教学研究に生涯を捧げた著者のなみなみならぬ思いによって羅什の生涯を想起し解説したいという思いが込められている。羅什伝希代の名篇である。



私本 鳩摩羅什三蔵伝無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


私本 鳩摩羅什三蔵伝詳細はコチラから



私本 鳩摩羅什三蔵伝


>>>私本 鳩摩羅什三蔵伝のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



無料電子書籍を読むことにすれば、どうしようもなく暇で空き時間を持て余すということがほとんどなくなります。シフトの合間やバスなどで移動している時などでも、そこそこ楽しめるはずです。
店頭には置いていないというような少し前の作品も、電子書籍なら見つけることができます。無料コミックのラインナップ中には、中高年世代が幼い頃に読みつくした本が含まれています。
皆に平等に与えられた時間を大切にしたいというなら、空き時間を無駄なく活用することが必要です。アニメ動画の視聴くらいは移動中であってもできますので、そうした時間を利用するべきでしょう。
サービス内容については、各社それぞれです。従いまして、電子書籍を何処で買うかというのは、比較検討すべき事項だと考えています。熟考せずに選ぶのは危険です。
「全部の漫画が読み放題だとしたら、どんなに楽しいだろう」という利用者の要望に応えるべく、「固定料金を支払えば毎回の支払いはいらない」という形の電子書籍が生まれたのです。




私本 鳩摩羅什三蔵伝の情報概要

                    
作者名 私本 鳩摩羅什三蔵伝
私本 鳩摩羅什三蔵伝ジャンル 本・雑誌・コミック
私本 鳩摩羅什三蔵伝詳細 私本 鳩摩羅什三蔵伝(コチラクリック)
私本 鳩摩羅什三蔵伝価格(税込) 1900
獲得Tポイント 私本 鳩摩羅什三蔵伝(コチラクリック)


ページの先頭へ