『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】無料サンプル&試し読み


初の私小説『プロローグ』(文藝春秋)を上梓した作家・円城塔さん。発売を記念して、代官山蔦屋書店でSF評論家の大森望さんと「大森望のSF漫談」と題した対談が行われた。この対談を1冊にまとめたのがこのコンテンツ。 円城作品の特徴、SFと文学の境界、作品内で描かれている和歌集のコンピュータ解析、新興宗教施設を訪ねたエピソードなどを織り交ぜた、ユーモア満載の内容。 知的で壮大、時に難解とも言われる円城作品はいかにして生まれるのか? その創作の秘密にも迫った電子書籍オリジナルコンテンツ。



『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】詳細はコチラから



『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】


>>>『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



新作が発表されるたびに漫画を買い求めていけば、その内収納場所に困るという問題が起きてしまいます。けれどもBookLive「『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】」であれば、本棚の空きがないと悩むことがなくなるため、収納場所を心配することなく楽しめる事請け合いです。
あらゆるサービスを凌駕して、近年無料電子書籍という形が拡大し続けている要因としては、近所の本屋が減りつつあるということが挙げられると思います。
漫画や本は、書店で試し読みして購入するか購入しないかの意思決定をする人が過半数を占めます。しかしながら、昨今はひとまずBookLive「『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】」サイトで簡単に内容を確認して、その本を購入するか決める方が多くなってきています。
マンガは電子書籍で買うという人が着実に増えています。携帯するなんてこともなくなりますし、本を並べる場所も必要ないという点がウケているからです。それに無料コミックを活用すれば、試し読みも楽勝でできます。
「出版されているすべての漫画が読み放題なら、どれほど嬉しいだろう!」という漫画好きの声を踏まえて、「月に固定額を払えば個別に支払う必要はない」という形式の電子書籍が登場したわけです。




『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】の情報概要

                    
作者名 『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】
『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】ジャンル 本・雑誌・コミック
『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】詳細 『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】(コチラクリック)
『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】価格(税込) 199
獲得Tポイント 『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】(コチラクリック)


ページの先頭へ