ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書) 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveのユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)無料サンプル&試し読み


要求定義の「正しい手順」を提示し、圧倒的な支持を得た不朽の名著の改訂版。「基幹系」と「情報系」、それぞれのシステムでの要求定義の手順を具体的かつ実践的に解説します。筆者の豊富な経験に基づいたケーススタディとそのまま使える豊富なドキュメントサンプルで「いつ」「誰が」「何を」「どのように」「なぜ」やればよいかがわかります。≪目次≫【序章】 問題提起  ■要求定義の担当者はプロ集団ではない【第1章】 要求定義を学び直す  1-1■良い要求定義とはどんなものか  1-2■良い要求定義を阻むものは何か  1-3■開発プロセスの中でどう位置付けるのか  ほか【第2章】 要求定義の手順を知る─基幹系システム編  2-1■基幹系システムのプロセス・マップの考え方  2-2■[プロセス1] 戦略と目的を確立する  2-3■[プロセス2] スコープを設定する ほか【第3章】 要求定義の手順を知る─情報系システム編  3-1■情報系システムのプロセス・マップの考え方  3-2■[プロセス1] 戦略と目的を確立する  3-3■[プロセス2] スコープを設定する  3-4■[プロセス3] 対象ユーザーを洗い出す  3-5■[プロセス4] 現状を把握する  ほか【第4章】 要求定義のトラブル・シューティング  4-1■思い通りに進まない原因を潰す  4-2■トラブル・シューティング一覧



ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)詳細はコチラから



ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)


>>>ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



サイドバックなどを出来るだけ持ちたくない男の人には、スマホで無料電子書籍を楽しむことができるというのは物凄いことなのです。いわばポケットにインして書籍を持ち歩けるわけなのです。
BookLive「ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)」を活用すれば、自分の家に本棚を確保する必要は皆無です。欲しい本が発売されても書店に足を運ぶ必要もありません。こうしたポイントから、使用する人が増えているようです。
お店では、スペースの問題から売り場に並べられる数が限られてしまいますが、BookLive「ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)」の場合はこんな類の問題が起こらないため、一般層向けではない書籍も少なくないのです。
スマホで読める電子書籍は、ご存知かと思いますがフォントサイズを調整することが可能なので、老眼に悩むアラフォー世代以降の方でも問題なく読めるという特長があります。
利用者の数がどんどん増えているのがスマホのコミックサイトです。ちょっと前までは漫画は単行本で買うという人がほとんどを占めていましたが、手軽な電子書籍として買って閲覧するという利用者が増加しているのです。




ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)の情報概要

                    
作者名 ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)
ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)ジャンル 本・雑誌・コミック
ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)詳細 ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)(コチラクリック)
ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)価格(税込) 4104
獲得Tポイント ユーザーの役に立つシステムを作る 本当に使える要求定義[改訂版](日経BP Next ICT選書)(コチラクリック)


ページの先頭へ