教科書記述に介入した文部省 原発とメディア 子ども(2) 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの教科書記述に介入した文部省 原発とメディア 子ども(2)無料サンプル&試し読み


1980年、子どもの教科書に書かれた「放射能漏れ」の部分に対し、文部省(当時)が出版社に「自主訂正」を求めた。検定後の異例の動きの背景には誰がいたのか。日本原子力学会は96年以降、教科書をチェックし「不適切な記述」を文科省教科書課や版元に提言している。目的は何か。さらに「朝日小学生新聞」など、子どもを対象にしたメディアは原子力をどう紹介してきたのか。エネルギー教育をめぐる推進側の動きとメディア側の対応を、日本の原発史をふまえつつ検証する。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:11786文字/単行本換算で20ページ】



教科書記述に介入した文部省 原発とメディア 子ども(2)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


教科書記述に介入した文部省 原発とメディア 子ども(2)詳細はコチラから



教科書記述に介入した文部省 原発とメディア 子ども(2)


>>>教科書記述に介入した文部省 原発とメディア 子ども(2)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



どんな物語かがまったくわからずに、タイトルと著者名だけで買うかどうかを決めるのは難易度が高いです。無料で試し読み可能なBookLive「教科書記述に介入した文部省 原発とメディア 子ども(2)」であれば、大体の内容を知ってから買えます。
例えば移動中などの暇で仕方ない時間に、さらっと無料漫画を読んで自分に合う本を探し出しておけば、公休日などのたっぷり時間がある時に買い求めて続きを思いっきり読むということも可能です。
「外出中であっても漫画が読めたらいいな」などと言う人にピッタリなのがBookLive「教科書記述に介入した文部省 原発とメディア 子ども(2)」だと言って間違いありません。荷物になる書籍を持ち運ぶ必要がなくなるため、荷物も重たくならずに済みます。
無料電子書籍を利用するようにすれば、労力をかけて書籍売り場で目を通す必要が一切なくなります。こうしたことをせずとも、「試し読み」することで内容のリサーチができるからです。
常々本をたくさん読むという方にしてみれば、毎月決まった料金を支払うことで飽きるまで読み放題でエンジョイすることができるというサービスは、まさしく画期的だと捉えられるでしょう。




教科書記述に介入した文部省 原発とメディア 子ども(2)の情報概要

                    
作者名 教科書記述に介入した文部省 原発とメディア 子ども(2)
教科書記述に介入した文部省 原発とメディア 子ども(2)ジャンル 本・雑誌・コミック
教科書記述に介入した文部省 原発とメディア 子ども(2)詳細 教科書記述に介入した文部省 原発とメディア 子ども(2)(コチラクリック)
教科書記述に介入した文部省 原発とメディア 子ども(2)価格(税込) 216
獲得Tポイント 教科書記述に介入した文部省 原発とメディア 子ども(2)(コチラクリック)


ページの先頭へ