東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか? 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?無料サンプル&試し読み


戦後の日本経済を長らく支えてきた自動車産業がいま、岐路に立っている。円高による採算の悪化、地球温暖化に伴う環境規制強化の広がり、縮小する日本の国内市場……。一朝一夕では解決できない難問が、いくつも立ちはだかる。これらの難問に、自動車産業の集積地・東海地方のメーカーやディーラー各社は、どう立ち向かおうとしているのか。2008年10月から、名古屋本社発行の東海経済面で連載中のインタビューコーナー「深読み先読み」から厳選した、東海を代表するトヨタグループの企業経営者6人の「処方箋」を紹介する。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:14625文字/単行本換算で25ページ】



東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?詳細はコチラから



東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?


>>>東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



余計なものは持たないという考え方が世間に分かってもらえるようになった現在、本も印刷物として保管せず、BookLive「東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?」を用いて楽しんでいる人が増加しつつあります。
「外でも漫画を読み続けたい」という漫画愛好家の方に向いているのがBookLive「東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?」です。漫画本を鞄に入れて歩くことも不要になりますし、カバンの中身も軽くなります。
電子書籍も一般の本と同じで情報が商品となりますので、内容が微妙でも返品は不可能です。そんなわけで、自分の好みに合うかを確認するためにも、無料漫画に目を通す方が良いでしょう。
BookLive「東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?」の営業戦略として、試し読みが可能というサービスは斬新なアイデアだと思われます。どこにいてもマンガの内容を確認することができるので、暇にしている時間を有効活用して漫画を選定することができます。
BookLive「東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?」は移動中にも使えるスマホやタブレット型の端末からアクセスすることが可能です。ほんの少しだけ試し読みができますから、その結果次第でそのコミックをDLするかを確定する人が急増しているみたいです。




東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?の情報概要

                    
作者名 東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?
東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?ジャンル 本・雑誌・コミック
東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?詳細 東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?(コチラクリック)
東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?価格(税込) 216
獲得Tポイント 東海を読む、トヨタを読む(上) 自動車産業は生き残れるか?(コチラクリック)


ページの先頭へ