SEのためのUIデザインの教科書(日経BP Next ICT選書) 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveのSEのためのUIデザインの教科書(日経BP Next ICT選書)無料サンプル&試し読み


もう「センス」に悩まないでください利用者を納得させるUIデザインの段取りと原則を速習! 「UIデザインに苦手意識を持つシステムエンジニア向けの講座を」という趣旨で企画されたセミナーの講演内容をベースに制作。 「なぜシステムや製品開発においてUX(ユーザー体験)というコンセプトが重視されているのか」に始まり、「UXを重視するとUIデザイン開発の段取りがどう変わるのか」「良しあしの判断や改善点の発見に必要なUIデザインの基礎知識」「プロジェクト体制や段取りの失敗と教訓」までを速習できます。 芸術的なセンスに自信がないというエンジニアも、本書を読み終わる頃には、UIデザインを以前と違った目で見られるようになります。<目次>第1章 UXとUIの関係  1-1 UXの潮流  1-2 UXとは何か  1-3 取り組みが求められる背景  1-4 UXのキーファクターはUI第2章 UIデザインのプロジェクト管理  2-1 UIデザインのマネジメント  2-2 UXの効果測定  2-3 UXのデザインプロセス第3章 UIの基礎と原則  3-1 UIの概念  3-2 GUIを深く理解する  3-3 デザイン原則第4章 UIデザインの基礎  4-1 イディオム  4-2 アプリケーション構造  4-3 ナビゲーション  4-4 画面レイアウト  4-5 コントロール  4-6 ビジュアル第5章 UXプロジェクト管理の注意点  実例に学ぶ、迷走を招く7つの要因



SEのためのUIデザインの教科書(日経BP Next ICT選書)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


SEのためのUIデザインの教科書(日経BP Next ICT選書)詳細はコチラから



SEのためのUIデザインの教科書(日経BP Next ICT選書)


>>>SEのためのUIデザインの教科書(日経BP Next ICT選書)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



流行の無料コミックは、スマホやタブレットで読むことができます。通勤途中、休憩時間、医者などでの診てもらうまでの時間など、暇な時間に楽々読めます。
スマホを通して電子書籍をDLすれば、会社への通勤中や休憩中など、場所を選ぶことなくエンジョイできます。立ち読みもできるようになっていますから、ショップに行くなどという必要性がありません。
「どの業者で本を買うことにするか?」というのは、結構重要な事です。売値やサービスの中身などが異なるわけですから、電子書籍と申しますのは比較しないといけないのです。
毎月の本代は、1冊1冊の単価で見れば高くはありませんが、沢山買えば毎月の購入代金は嵩んでしまいます。読み放題だったら月額料金が固定なので、支払を抑制することができます。
BookLive「SEのためのUIデザインの教科書(日経BP Next ICT選書)」が30代・40代に支持されているのは、若かりし日に読みふけった漫画を、改めて手間もなく味わえるからだと思われます。




SEのためのUIデザインの教科書(日経BP Next ICT選書)の情報概要

                    
作者名 SEのためのUIデザインの教科書(日経BP Next ICT選書)
SEのためのUIデザインの教科書(日経BP Next ICT選書)ジャンル 本・雑誌・コミック
SEのためのUIデザインの教科書(日経BP Next ICT選書)詳細 SEのためのUIデザインの教科書(日経BP Next ICT選書)(コチラクリック)
SEのためのUIデザインの教科書(日経BP Next ICT選書)価格(税込) 2916
獲得Tポイント SEのためのUIデザインの教科書(日経BP Next ICT選書)(コチラクリック)


ページの先頭へ