立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』無料サンプル&試し読み


絶筆となった『その年の冬』と最後の書下ろし小説『帰路』。病と闘いながら綴った立原晩年の2作品を収録。『その年の冬』は昭和54年10月18日から翌55年4月18日まで「読売新聞」に180回にわたって第一部が連載された。執筆中に体調を崩していた立原は4月8日に聖路加病院に入院。第1部の最終章は、ベッドの上での執筆だったが完結させる。この年の8月12日に亡くなった立原から第2部以降が記されることはなかった。物語は、京都の茶の宗家に後妻として嫁いだものの無為の日々を過ごす直子が、京都の大学で教鞭をとる深津との出会い、深津の住む小田原で新しい生活を始めるところまで描かれている。深津の親友として作家・東ケ谷という立原を彷彿とさせる人物が登場するが、彼は病を得ているのであった……。『帰路』は最後の書下ろし作品として、立原作品には珍しく西洋を主舞台に、お互いの思いに気づきながらも離れていた美術商・大類と磯子が、ふたりだけの西洋旅行を通じ、割れない仲となっていく日々を描きながら、主に大類の目を通して、西洋文化圏に暮らした日本人の生きざま、その人たちの帰路をめぐる意見を通じ、日本を知ることは何か、西洋を知ることは何かを書こうとした意欲作であった。付録として先輩作家として敬愛していた吉行淳之介氏のとの対談や、吉行氏による立原逝去への追悼エッセイ、長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 二十四」など関連エッセイ4作を収録。特別付録として、『きぬた』、『狂い花』の生原稿も収録。※この作品にはカラー写真が含まれます。



立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』詳細はコチラから



立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』


>>>立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



漫画の通販ショップでは、原則として表紙とタイトルに加え、あらすじぐらいしか見ることができないわけです。しかしBookLive「立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』」を利用すれば、数ページ分を試し読みで確認することができます。
趣味が漫画集めなのを秘匿しておきたいと言う方が、昨今増えていると聞きます。部屋の中に漫画を置きたくないような方でも、BookLive「立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』」の中だけであれば誰にもバレずに漫画が読みたい放題です。
「出版されているすべての漫画が読み放題だとしたら、どんなに楽しいだろう」という漫画オタクの要望を反映する形で、「月額料を支払えば1回1回の支払いは不要」というプランの電子書籍が考えられたわけです。
書籍の購入費用は、1冊単位での価格で見ればあまり高くありませんが、何冊も購入すれば月々の購入代金は嵩むことになってしまいます。読み放題ならば利用料が定額のため、出費を抑制できます。
アニメが趣味の方から見ると、無料アニメ動画は革新的とも言うことができるコンテンツです。スマホを所持してさえいれば、タダで視聴することが可能なわけです。




立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』の情報概要

                    
作者名 立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』
立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』ジャンル 本・雑誌・コミック
立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』詳細 立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』(コチラクリック)
立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』価格(税込) 1944
獲得Tポイント 立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』(コチラクリック)


ページの先頭へ