立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』無料サンプル&試し読み


立原文学の本質が垣間見られる「私小説的発想を排す」等、文学について語ったエッセイ、自作品あとがき全162篇を一挙掲載。随筆集『秘すれば花』、『旅のなか』、『坂道と雲と』、『夢幻のなか』、『冬の花』を中心に、文学に関わるエッセイと、自作あとがき等全162篇。自ら編集に携わった文芸誌「犀」の創刊および終巻の辞に始まり、私小説、心境小説を否定していた立原の創作根拠が書き込まれた「私小説的発想を排す」、「現代にとって文学とは何か」という、立原文学の本質を知るために見逃せない2篇を収録。また、鎌倉文士の先輩として敬愛してやまない川端康成について記した「川端康成氏覚え書き」、「川端文学のエロティシズム」の川端康成論2篇も、立原の川端康成への並々ならぬ傾倒ぶりが伺え、光彩を放っている。なお、単行本未収録作品として「美の追求だけしかしなかった人 川端康成先生」も新たに収録された。さらに大岡昇平、三島由紀夫、武田泰淳等、交遊のあった作家に言及したエッセイも多数収録。付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 二十三」のほか、2篇の対談と、昭和54年12月3日に早稲田大学小野講堂での講演「一作家の周辺」の模様を収録している。※この作品にはカラー写真が含まれます。



立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』詳細はコチラから



立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』


>>>立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



電子書籍を購入するというのは、ネットを介して情報を取得するということを意味するのです。サイトが閉じられてしまうようなことがあると利用不可になってしまうので、ちゃんと比較してからしっかりしたサイトを選びたいですね。
電子書籍の関心度は、より一層高くなってきているようです。こうした状況下で、新規顧客が右肩上がりで増えているのが読み放題というプランだと聞きます。支払料金を心配することが不要だというのが最大の特徴と言えます。
本離れが出版社の頭を悩ませていますが、電子書籍は今までとは異なるシステムを展開することによって、新規のユーザーを増やしつつあります。斬新な読み放題という利用方法が数多くの人に支持されたのです。
手に入れたい漫画はあれこれ販売されているけど、買っても置く場所がないという話をよく聞きます。そういう背景があるので、保管場所のことは考慮不要とも言えるBookLive「立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』」の評判がアップしてきたのです。
よく比較してからコミックサイトを決めているという人が増えているようです。電子書籍で漫画を楽しむ為には、諸々のサイトの中から自分のニーズを満足してくれるものをチョイスすることが大切なのです。




立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』の情報概要

                    
作者名 立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』
立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』ジャンル 本・雑誌・コミック
立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』詳細 立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』(コチラクリック)
立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』価格(税込) 1944
獲得Tポイント 立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』(コチラクリック)


ページの先頭へ