立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』無料サンプル&試し読み


“春”に象られた作品『春のいそぎ』『暗い春』など5篇を収録。立原文学の醍醐味とも言える男女の“愛の業”が堪能できる1巻。『春のいそぎ』は、6歳で父の自裁という滅亡を見てしまい、亡骸が安置されていた部屋に立てられていた金屏風が忘れられず金箔師となった、主人公のデガダンスな生活と性愛を描いた作品。『暗い春』は大学のマルクス主義研究会で出会った男女の屈折した愛と、互いの境遇の違いから生じたすれ違いと、悲劇的な別れから、敗戦直後の学生の暗い青春を描いている。『去年の梅』は、別の女を作った夫に満たされない日々を送る人妻が、自ら開くサロンで出会ったロシア文学者との間で静かに進行していく愛の姿を、サロン客達の愛憎劇と対比させながら描いた作品。ほかに『春の病葉』『春の修羅』を収録。付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 十六」など関連エッセイ3作収録。特別付録として『春の病葉』の生原稿と、立原自身が刊行に尽力した文芸誌「犀」の「創刊の辞」「終刊の辞」を収録。※この作品にはカラー写真が含まれます。



立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』詳細はコチラから



立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』


>>>立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



毎日のように新しい作品が登場するので、何冊読もうとも読みつくすことがないというのがコミックサイトの長所です。本屋には置いていないような珍しい作品も閲覧できます。
書店では、スペースの問題から本棚における書籍数に限度がありますが、BookLive「立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』」ならこの手の問題が発生しないため、ちょっと前に発売されたタイトルもあり、人気を博しているのです。
長く連載している漫画は数十巻という冊数を買う必要があるため、さしあたって無料漫画で少しだけ読んでみるという人が少なくありません。やっぱりすぐに本を買うというのは難しいのでしょう。
「電子書籍に抵抗がある」という人も少なからずいますが、1回でもスマホにて電子書籍を閲覧すれば、持ち運びの楽さや支払いの簡単さからリピーターになってしまう人が珍しくないとのことです。
評判の無料アニメ動画は、スマホでも見ることが可能です。最近の傾向としては40代以降のアニメ愛好家も増加していますので、これから更に進展していくサービスだと考えることができます。




立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』の情報概要

                    
作者名 立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』
立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』ジャンル 本・雑誌・コミック
立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』詳細 立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』(コチラクリック)
立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』価格(税込) 1944
獲得Tポイント 立原正秋 電子全集16 『いそぎ往く春 去年の梅』(コチラクリック)


ページの先頭へ