七日目の蝉 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの七日目の蝉無料サンプル&試し読み


ミレニアムを迎えるすこし前の年、19歳の「きみ」と21歳になる「ぼく」は出会った。ふたりが恥じらいながら近づき、互いを求めあい、抱きしめあった時間は幸福そのものだった。永遠につづくように思えた。しかし、突然きみは自殺してしまう――分厚い手紙を残して。そこに語られた衝撃的な体験と苦悩、知る由もなかった深い闇。物語はきみの死で終わらず、ぼくの日常は続いていく。「きみ」の残してくれた甘く切ない思い出と救えなかった後悔、抱えるには重すぎる事実と向き合う「ぼく」。のどかな田舎の少女が闇から光を求めてきたはずの都会。そこは人のつながりさえもかき消してしまうような喧噪にあふれ、少女は心をすり減らしていった。冒頭での蝉の童話と少女の姿が二重露光写真のように重なりあう、美しくも儚い恋愛小説。※本作品は2008年に、ぶんか社より電子出版されていたものを加筆訂正し再発売。表紙絵・寺澤晋吾



七日目の蝉無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


七日目の蝉詳細はコチラから



七日目の蝉


>>>七日目の蝉のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



電車で揺られている間も漫画を楽しんでいたいという人にとって、BookLive「七日目の蝉」よりありがたいものはないと言えます。スマホをたった一つ持ち歩くだけで、たやすく漫画が楽しめます。
「連載という形で提供されている漫画が読みたい」という人には無用なものです。されど単行本になってから閲覧する人からすれば、購入に先立って無料漫画で中身をチェックできるというのは、本当に役立ちます。
コミックサイトの一番のウリは、扱っている本の数が半端なく多いということだと思います。在庫が残るリスクが発生しない分、多岐に及ぶ商品を揃えることができるわけです。
読み終わったあとに「思ったよりも楽しめなかった」と嘆いても、一度開封してしまった本は返品が認められません。しかし電子書籍ならまず試し読みから入れるので、こうした状況を防ぐことができます。
CDを少し聞いてから買うように、漫画についても試し読み後に買うのがきわめて一般的になってきたように思います。無料コミックを活用して、読みたいと思っていた漫画を調査してみてはいかがですか?




七日目の蝉の情報概要

                    
作者名 七日目の蝉
七日目の蝉ジャンル 本・雑誌・コミック
七日目の蝉詳細 七日目の蝉(コチラクリック)
七日目の蝉価格(税込) 378
獲得Tポイント 七日目の蝉(コチラクリック)


ページの先頭へ