高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップ 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップ無料サンプル&試し読み


英語教育の現場では、個々の教師が生徒のために授業改善を試みようと提案しても、同僚や周囲の賛同を得ることができず、孤立してしまう、ということがあります。そのような問題が起こるのは、教育用語の認識一つをとってみても、個々の教師によってギャップが存在しているからではないでしょうか。 そして、そのギャップが指導法や教育目標にまで広がっているとしたら?本書では、同僚との会話のみならず、保護者など学外の人たちとの間で起こるささいな行き違いの原因は、問題認識のギャップにあるのではないかという仮説から、教育現場で起こりがちな対立の事例を会話形式で取り上げ、「<言葉の定義>のギャップ」「<指導のイメージ>のギャップ」「<理想と現実>のギャップ」という3つの角度から、英語教育が抱える問題の徹底整理を試みた読み物です。会話の表面からは一見把握しづらい、「ずれの本質」を深く掘り下げ、それぞれのギャップの原因を丁寧に解説していきます。「コミュニケーション(活動)」「授業は英語で行う」など新学習指導要領を踏まえた最新の事例も収録。本書は元東京学芸大学教授の金谷憲先生をリーダーとするSherpaチームの選書第2弾。数々の研究授業を見てきた著者ならではの整理観は、英語教育の原点に立ち返ることができるお薦めの一冊です。対象:英語教師向け金谷 憲(かなたにけん):東京学芸大学名誉教授。1948年東京生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程(英語学)、教育学研究科博士課程(学校教育学)およびスタンフォード大学博士課程を経て(単位取得退学)、1980年より32年間、東京学芸大学で教鞭を執る。現在、フリーの英語教育コンサルタントとして、学校、都道府県その他の機関に対してサポートを行っている。専門は英語教育学。研究テーマは、中学生の句把握の経年変化、高校英語授業モデル開発など。全国英語教育学会会長、中教審の外国語専門部会委員などを歴任。1986年より3年間NHK「テレビ英語会話I」講師、1994年から2年間NHKラジオ「基礎英語2」監修者。著書に『英語授業改善のための処方箋』(大修館書店刊)、『英語教育熱』(研究社刊)『高校英語授業を変える!』(編著/アルク刊)など多数。



高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップ無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップ詳細はコチラから



高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップ


>>>高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



居ながらにしてDLして読み進めることができるというのが、無料電子書籍の特長です。ショップまで出掛る必要も、通販で買った書籍を送ってもらう必要もありません。
新刊が出るたびに本屋まで購入しに行くのは大変です。とは言っても、数冊まとめて買うのは内容に不満が残った時の費用的・心理的ダメージが大きすぎます。BookLive「高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップ」は1冊ずつ買い求められるので、その点で安心できる事請け合いです。
古いコミックなど、お店では取り寄せを頼まないと手に入れられない書籍も、BookLive「高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップ」形態でバラエティー豊富に並んでいるので、どこにいても買って読み始めることができます。
本屋では、販売中の漫画の立ち読みを禁止するために、ヒモでしばるのが一般的と言えるでしょう。BookLive「高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップ」の場合は試し読みが可能ですから、あらすじを分かった上で買うか決めることができます。
十分に比較した後で、自分に最適のコミックサイトを選ぶ人が増えているようです。ネットで漫画を楽しんでみたいなら、色々なサイトの中から自分に最適なものを選定するようにしましょう。




高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップの情報概要

                    
作者名 高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップ
高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップジャンル 本・雑誌・コミック
高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップ詳細 高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップ(コチラクリック)
高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップ価格(税込) 2138
獲得Tポイント 高校英語教育を整理する! 教育現場における22のギャップ(コチラクリック)


ページの先頭へ