作家の収支 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの作家の収支無料サンプル&試し読み


1996年38歳のとき僕は小説家になった。作家になる前は国立大学の工学部助教授で、月々の手取りは45万円だった。以来19年間に280冊の本を出したが、いまだミリオンセラの経験はなく一番売れたデビュー作『すべてがFになる』でさえ累計78万部だ。ベストセラ作家と呼ばれたこともあるが、これといった大ヒット作もないから本来ひじょうにマイナな作家である――総発行部数1400万部、総収入15億円。人気作家が印税、原稿料から原作料、その他雑収入まで客観的事実のみを作品ごと赤裸々に明示した、掟破りで驚愕かつ究極の、作家自身による経営学。



作家の収支無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


作家の収支詳細はコチラから



作家の収支


>>>作家の収支のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



1ヶ月分の料金を支払えば、様々な書籍を思う存分閲覧することができるという読み放題コースが電子書籍で人気を博しています。個別に買わなくても済むのが最大の特長です。
「アニメに関しては、テレビで視聴することができるもの以外見ない」というのは時代にそぐわない話だと考えます。なぜなのか言えば、無料アニメ動画をネットで楽しむという形が浸透しつつあるからです。
「詳細を理解してから購入したい」と思っているユーザーからすれば、無料漫画と申しますのは利点の大きいサービスだと言って間違いないのです。販売側からしましても、新しいユーザー獲得に期待が持てます。
スマホで読む電子書籍は、有難いことに表示文字のサイズを調整することが可能となっていますから、老眼で見えにくい高年齢の人でも難なく読むことができるというメリットがあるのです。
「連載の形で定期的に発刊されている漫画を購入したい」と言われる方には全く必要性が感じられないサービスです。でも単行本になるのを待って購読するという方々からすると、先に無料漫画にて内容をリサーチできるというのは、何より嬉しいことなのです。




作家の収支の情報概要

                    
作者名 作家の収支
作家の収支ジャンル 本・雑誌・コミック
作家の収支詳細 作家の収支(コチラクリック)
作家の収支価格(税込) 779
獲得Tポイント 作家の収支(コチラクリック)


ページの先頭へ