登って滑ろう 『山とスキー2016』 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの登って滑ろう 『山とスキー2016』無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。雪山を滑るスキーヤーがかならず知っておかなくてはならないこと、冬山登山技術、フィールド情報、装備、リスク対策、などをわかりやすくまとめたイヤームックです。 類書にはない「山スキールートガイド」も魅力。山スキーは一部の山岳会が熱心に取り組む雪山登山のひとつのジャンル・カテゴリーでしたが、最近ではゲレンデに併設されたサイドカントリーを楽しむスキーヤーが増え、本格的な雪山のフィールドを滑走する人やしたい人人たちが増えています。「滑降」をメインにしたスキー雑誌が多いなか、「歩いて、滑る」をコンセプトに、雪山登山と雪山滑走のふたつの技術、知識を、初心者向けフィールドガイドと合わせて一冊のムックにコンパクトにまとめて情報提供しています。特集「山スキーABC」では、移り変わりのはげしい最新用具をアイテムごとに詳しく解説。また、リスクマネジメントや事故事例も紹介することで、「安全な山スキー」を提案します。別冊付録も充実の内容です。【特集】山スキーのABC 山スキーの基本/用具とウェアの基礎知識/登り方・滑り方【コースガイド企画】スキールートガイドfor Beginners【アザー企画】BC関連の事故傾向・事例/テレマークの世界/ステップソールで歩く※電子版では、【別冊付録】「b.c.map book」は、巻末に収録



登って滑ろう 『山とスキー2016』無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


登って滑ろう 『山とスキー2016』詳細はコチラから



登って滑ろう 『山とスキー2016』


>>>登って滑ろう 『山とスキー2016』のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



店舗では扱っていないであろう少し前に流行った作品も、電子書籍には置かれています。無料コミックの中には、中高年世代が昔何度も読んだ漫画もいっぱい見受けられます。
先に試し読みをしてマンガのあらすじを確かめた上で、不安感を抱くことなく購入し読めるのが、気軽にアクセスできるWeb漫画の長所と言えます。買う前に内容を知れるので失敗する心配はいりません。
「電子書籍には興味がない」という方もいるのは確かですが、1回でもスマホを用いて電子書籍を読んでみたら、持ち運びの手軽さや支払方法の簡単さからヘビーユーザーになる人が多いらしいです。
10年以上前に大好きだった懐かしい漫画も、BookLive「登って滑ろう 『山とスキー2016』」という形で読めます。近所の本屋では並んでいないような作品も山ほどあるのが利点だと言っても良いでしょう。
スマホ1台あれば、気の向くままに漫画を楽しむことができるのが、コミックサイトの最大のポイントです。買うのは1冊単位というタイプのサイトや月額料金が固定のサイトなどいろいろ存在します。




登って滑ろう 『山とスキー2016』の情報概要

                    
作者名 登って滑ろう 『山とスキー2016』
登って滑ろう 『山とスキー2016』ジャンル 本・雑誌・コミック
登って滑ろう 『山とスキー2016』詳細 登って滑ろう 『山とスキー2016』(コチラクリック)
登って滑ろう 『山とスキー2016』価格(税込) 1036
獲得Tポイント 登って滑ろう 『山とスキー2016』(コチラクリック)


ページの先頭へ