P+D BOOKS 銃と十字架 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveのP+D BOOKS 銃と十字架無料サンプル&試し読み


初めて司祭となった日本人の生涯を描く。「何のために苦しい旅を続けるのか。いつかは捕まり、殺されることも確実なのだ。しかし、いかなる苦渋にみちても肩から人生の十字架を棄ててはならぬ」……。船を乗り継ぎ、砂漠をよぎって、日本人として初めてエルサレムを訪れ、後にローマに学び司祭となった実在の人物・ペドロ岐部。この破天荒な訪欧大旅行は、イエズス会亜等の組織の保護なしに、個人の自力で成し遂げた、日本人としても最初の快挙だった。やがて彼はキリシタン弾圧の荒れ狂う日本に立ち戻り、使命に生きたのだが……。17世紀前半の日本におけるキリスト教弾圧の貴重な通史であり、「沈黙」とともに、作者のキリスト教観の理論的な最高峰に位置する一冊である。一日本人ペトロ岐部の劇的生涯を描く。



P+D BOOKS 銃と十字架無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


P+D BOOKS 銃と十字架詳細はコチラから



P+D BOOKS 銃と十字架


>>>P+D BOOKS 銃と十字架のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「どのサイトで本を買うか?」というのは、意外と重要な事です。売値や仕組みなどに差異があるのですから、電子書籍に関しては比較検討しなければいけないでしょう。
移動中などの少しの隙間時間に、さらっと無料漫画を読んで自分が好きそうな本を絞り込んでおけば、土日などの時間的に融通が利くときに買って続きを閲読することが簡単にできます。
絶対に電子書籍で購入するという人が増えつつあります。バッグなどに入れて運ぶことからも解放されますし、収納場所を考える必要もないからなのです。しかも無料コミックを利用すれば、いつでも試し読み可能です。
好きな時に無料漫画が見られるということで、利用者数が右肩上がりになるのは至極当然のことです。書店と違い、他者の視線を気に掛けることなく立ち読みすることができるというのは、電子書籍だからこその良い所だと言えるのではないでしょうか?
「電子書籍はどうも苦手だ」と言う方もいるのは確かですが、1回でもスマホを用いて電子書籍を読んでみれば、その使い勝手の良さや購入の楽さからヘビーユーザーになるという人が多いのだそうです。




P+D BOOKS 銃と十字架の情報概要

                    
作者名 P+D BOOKS 銃と十字架
P+D BOOKS 銃と十字架ジャンル 本・雑誌・コミック
P+D BOOKS 銃と十字架詳細 P+D BOOKS 銃と十字架(コチラクリック)
P+D BOOKS 銃と十字架価格(税込) 540
獲得Tポイント P+D BOOKS 銃と十字架(コチラクリック)


ページの先頭へ