「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解く 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解く無料サンプル&試し読み


本書は、近代日本比較文化史の研究および文章論のスペシャリストとして注目を浴びている文学博士、西田みどりの真骨頂、日本海軍の基礎づくりに尽力するとともに日本赤十字の創始者として知られる佐野常民(さのつねたみ、1823-1902年)の思想を明らかにした論文。収録した論文は、佐野常民の半生、長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解いた、幕末佐賀藩の科学技術、精煉方の創設、科学研究と技術、長崎海軍伝習所時代、沈没した蘭商船と飛雲丸帆柱、勝海舟と永持亨次郎の状況認識、「藩弊刷新及軍制の改革建白」にみる佐野常民の思想に迫ったもの(初出:『日本近代化の比較文化的研究』(大正大学比較文化研究所2007年)。佐野常民は幕末の佐賀藩士として明治維新をまたにかけて活躍した群雄の重要人物。近代日本の確立に多大な貢献と実績を遺した賢人の一人。因みに著者は、「『まこと』と『救世主』―久米邦武の比較文化論」(初出:「中外日報」連載、2007年3月6日号~3月17日号)の論文で、近代日本の宗教・思想界に影響を与えたジャーナリスト真渓涙骨を記念して設立された「2006年中外日報社・第3回涙骨賞」を受賞(当時の涙骨賞選考委員は、山折哲雄氏と中沢新一氏)している。



「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解く無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解く詳細はコチラから



「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解く


>>>「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解くのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



誰でも無料漫画が読めるということで、ユーザーが増加するのは至極当然のことです。店舗とは違い、他人の目を憚ることなく立ち読みが可能だというのは、電子書籍だけの長所だと言えるのではないでしょうか?
子供の頃に何度も読んだ昔ながらの漫画も、BookLive「「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解く」としてDLできます。店頭では購入できない作品も豊富にあるのが特色だと言えるでしょう。
老眼が進行して、目の前にあるものが見えにくい状態になったという読書家の中高年の方にとって、スマホ上で電子書籍を楽しめるというのは、何より嬉しいことなのです。フォントサイズを調整すれば、劇的に読みやすくなるからです。
お店ではチョイ読みすることさえ躊躇してしまうような漫画であったとしても、無料漫画サービスを採り入れている電子書籍であれば、内容をしっかりと理解した上で判断することができるというわけです。
最新刊が出るたび書店まで行って買うのは時間の無駄遣いとなります。とは言え、全巻まとめて買うのは内容が大したことなかった時の金銭的及び精神的ダメージが甚大です。BookLive「「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解く」なら一冊ずつ買うことができるので、失敗することも少ないです。




「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解くの情報概要

                    
作者名 「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解く
「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解くジャンル 本・雑誌・コミック
「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解く詳細 「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解く(コチラクリック)
「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解く価格(税込) 864
獲得Tポイント 「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解く(コチラクリック)


ページの先頭へ