100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中で 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中で無料サンプル&試し読み


第一次世界大戦が始まって100年がたった2014年。発端となった事件の舞台、サラエボ(現在のボスニア・ヘルツェゴビナの首都)に暮らす、主要3民族の経験を通じて、この事件が現在に投げかける問題を探る、衝撃のルポ第三弾。今回は、1992年ボスニア内戦の発端となった事件にさかのぼり、その複雑な背景を探ってみる。第2次大戦後にできた社会主義の連邦国家「ユーゴスラビア」が崩壊直前に追い込まれ、独立を問う住民投票が行われた翌日、サラエボの中心部を、隣国セルビアの巨大な国旗を掲げた車の列が走り回った。その日行われたセルビア人の結婚式の参列者のものだった。ボスニアの独立を拒否して、「大セルビア」に馳せ参じたいという意思表示に、一人のボシュニャク人がむき出しの暴力で応じた。結婚式の参列者に向かって銃弾を打ち込み、新郎の父親を射殺したのだ。この事件をきっかけに、セルビア人、ボシュニャク人、クロアチア人、そして、それぞれの民族集団に所属できない少数派の間で、誰が味方か敵かもわからない戦争が起きてしまう……民族、家族、個人、宗教、国家の意味の問い直しを迫る、重い記憶の扉を開けるレポート。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:10413文字/単行本換算で18ページ】



100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中で無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中で詳細はコチラから



100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中で


>>>100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中でのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「出先でも漫画を読み続けたい」と言う方にピッタリなのがBookLive「100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中で」だろうと思われます。かさばる漫画を肌身離さず持ち歩くということからも解放されますし、バッグの中身も軽くなります。
「所有している漫画が多過ぎて収納場所がないから、購入するのをためらってしまう」という状況にならずに済むのが、BookLive「100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中で」を一押しする要因です。何冊大人買いしても、本棚のことを考慮しなくてOKです。
電子書籍の関心度は、どんどん高くなってきています。そんな中で、特に利用者が増加傾向にあるのが読み放題というプランだと教えてもらいました。支払い金額を気にせずに読めるのが嬉しい点です。
買った本は返すことが不可能なので、内容を確かめてからお金を払いたい人には、試し読みサービスのある無料電子書籍はすごく便利に使えます。漫画も中身を確認してから買えるのです。
新刊が出るたびに本屋まで足を運ぶのは大変です。だけども、まとめて買うのは面白くなかったときのお財布へのダメージがデカいです。BookLive「100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中で」なら1冊ずつ購入できて、失敗がありません。




100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中での情報概要

                    
作者名 100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中で
100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中でジャンル 本・雑誌・コミック
100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中で詳細 100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中で(コチラクリック)
100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中で価格(税込) 216
獲得Tポイント 100年後のサラエボ事件〔3〕 誰が敵か味方もわからない中で(コチラクリック)


ページの先頭へ