チンギスの陵墓 上 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveのチンギスの陵墓 上無料サンプル&試し読み


その墓が暴かれし時、世界は終わりを迎える〈神の目〉が映し出した人類の未来、そこには崩壊するアメリカの姿が……「真実」とは何か? 「現実」とは何か?全世界で日本でベストセラー!シリーズ最新作!◎待望の〈シグマフォース〉シリーズ、最新第8弾! ギルドとの長い闘いを終えた〈シグマフォース〉に最大の悲劇と危機が訪れる!◎謎の組織〈ギルド〉との長い闘いを終えた〈シグマフォース〉。だが、休む間もなく新たな脅威に直面する。彗星の尾に接近した軍事衛星が地球に墜落するが、その衛星から送られてきた最後の画像には、廃墟と化したアメリカ東海岸の“未来”が映っていたのだ……。◎ヴァチカンのモンシニョール・ヴィゴー・ヴェローナとその姪レイチェル・ヴェローナが三作ぶりに登場するほか、前作『ギルドの系譜』で明らかになったセイチャンの過去に関しても新たな展開が!◎〈あらすじ〉ダークエネルギーの調査をしていたアメリカの軍事衛星が、彗星の尾に接近した後、地球に墜落する。通信が途絶える直前に衛星から送られてきた画像がとらえていたのは、廃墟と化した“四日後の”アメリカ東海岸だった。一方、ローマのヴィゴー・ヴェローナのもとに届いた古い頭蓋骨にも、四日後に地球が滅びるとの予言が記されていた。シグマフォースのペインター・クロウ司令官は、モンク・コッカリスたちを派遣し、ヴィゴーとその姪のレイチェルとともに、頭蓋骨の送り主がいるアラル海に向かわせる。その頃、死んだと思われていた母親の行方を探してマカオを訪れていたセイチャンが、何者かに拉致される。グレイ・ピアースとジョー・コワルスキは、セイチャン奪還のため北朝鮮の平壌に乗り込んだ。◆歴史的事実に関して――チンギス・ハン(1162年5月31日―1227年8月25日)モンゴル帝国・初代皇帝(1206年~1227年在位)。互いに抗争を繰り返していた大小様々なモンゴルの遊牧民諸部族を一代で統一。その後、中国北部・中央アジア・イラン・東ヨーロッパなどを次々に征服、モンゴル帝国の基盤を築き上げた。この帝国は、当時の世界人口の半数以上を統治しており、人類史上最大規模の世界帝国である。彼の死後、帝国は百数十年を経て解体されたものの、その影響力は中央ユーラシアにおいて生き続け、遊牧民の偉大な英雄として、特に故国モンゴルにおいては〈神〉として、国家創建の英雄として称えられている。血に飢えた暴君というイメージがある一方で、チンギスは先進的な考えの持ち主でもあった。初めて国際的な郵便制度を確立し、外交特権という概念を取り入れ、政治の場に女性を登用した。そして、それまでに類を見ないほど宗教に対して寛容だった。彼の死後、部下たちは葬儀や墓の建設に関わったものたち全員を抹殺した。そのため何世紀にもわたって調査が行なわれているにもかかわらず、陵墓の所在地は現在に至るまで謎のままである。陵墓には征服した土地から奪った財宝が隠されているとの噂がある■著者プロフィールジェームズ・ロリンズJames Rollins1961年イリノイ州生まれ。ミズーリ大学で獣医学の博士号を取得後、カリフォル?



チンギスの陵墓 上無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


チンギスの陵墓 上詳細はコチラから



チンギスの陵墓 上


>>>チンギスの陵墓 上のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



コミックサイトの最大の長所は、取り揃えている漫画の数が本屋とは比較できないくらい多いということです。売れずに返品扱いになるリスクがないので、数多くの商品を置けるというわけです。
毎月の利用額が決まっているサイト、登録をせずに利用できるサイト、個別に購読するサイト、無料で読める漫画が豊富にラインナップされているサイトなど、コミックサイトもいろいろと違いがありますから、比較することをおすすめします。
不用なものは処分するというスタンスが数多くの人に賛同されるようになった今日この頃、本も例外でなく冊子本という形で所有することなく、BookLive「チンギスの陵墓 上」を使って楽しむ人が増えつつあります。
趣味が漫画だということを隠しておきたいという人が、このところ増えていると言われています。家の中には漫画は置いておくことができないというような方でも、BookLive「チンギスの陵墓 上」経由なら誰にも気兼ねせずに漫画を満喫できます。
電子書籍ビジネスには多くの企業が進出しているので、とにかく比較してから「どの電子書籍お使用するのか?」を決めるべきです。扱っている本の数や価格、サービス、使い勝手などを比較することが肝要でしょうね。




チンギスの陵墓 上の情報概要

                    
作者名 チンギスの陵墓 上
チンギスの陵墓 上ジャンル 本・雑誌・コミック
チンギスの陵墓 上詳細 チンギスの陵墓 上(コチラクリック)
チンギスの陵墓 上価格(税込) 756
獲得Tポイント チンギスの陵墓 上(コチラクリック)


ページの先頭へ