がんを告知されたら読む本― 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveのがんを告知されたら読む本― 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話無料サンプル&試し読み


抗がん剤、病院選び、がんの正体…妻と父を“がん”で失った医師が分かりやすく伝える、がん治療の基本不安に襲われたときは何度でも繰り返し、この本を開いてください。たとえがんであっても、治療をしつつ人生を楽しんでいる患者さんやご家族がたくさんいることを忘れずにいてください―――(本書より)【著者紹介】谷川啓司 Keishi Tanigawaビオセラクリニック(東京女子医科大学病院関連施設)院長、医学博士。1964年生まれ。防衛医科大学校卒業後、東京女子医科大学消化器外科入局、東京女子医科大学消化器外科医療練士修了。専門は消化器外科、腫瘍外科。米ミシガン大学医学部腫瘍外科において免疫細胞療法、遺伝子治療の研究にsenior research fellowとして従事し、医師・大学院生に免疫療法の研究を指導。東京女子医科大学消化器外科帰局後、外科医としてだけでなく癌免疫細胞療法チームとして癌免疫細胞療法の臨床研究に携わる。東京女子医科大学医学博士号取得後、2001年ビオセラクリニック開設。東京女子医科大学消化器外科講師。【目次より】第1章◆がんを知ろう第2章◆なぜ、がんで死ぬのか?第3章◆なぜ、がんは治りにくいのか?第4章◆がんに免疫がうまく働かない理由第5章◆がん治療の基本第6章◆がんの三大治療第7章◆治療で目指すべき目標第8章◆三大治療以外のがん治療第9章◆免疫力を上げる第10章◆がん治療と心



がんを告知されたら読む本― 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


がんを告知されたら読む本― 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話詳細はコチラから



がんを告知されたら読む本― 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話


>>>がんを告知されたら読む本― 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



書籍の販売低迷が製作者の頭痛の種ですが、電子書籍は今までとは違う仕組みを採り入れることにより、新たな顧客を飛躍的増加させているのです。今までになかった読み放題プランがたくさんの人のニーズに合致したのです。
今流行りの無料コミックは、パソコンがあれば読むことができます。通勤中、お昼ご飯の休憩時間、病院やクリニックなどでの順番待ちの暇な時間など、いつでもどこでも気負わずに読めます。
コミックは、書店で内容を確認して買うかの結論を下す人が多くいます。だけど、このところはまずはBookLive「がんを告知されたら読む本― 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話」で1巻だけ購読し、その書籍をDLするか判断するという方が増えつつあります。
最新刊が出版されるたびに書店まで買いに行くのはとても手間暇が掛かります。だとしましても、一気にドカンと買うのは面白くなかったときの金銭的・精神的ダメージが甚大だと言えます。BookLive「がんを告知されたら読む本― 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話」は1冊ずつ購入できるので、失敗することも少ないです。
常に持ち歩くスマホにこれから買う漫画全部を保管すれば、片付ける場所について心配する必要が皆無になります。善は急げということで、無料コミックから挑戦してみてください。




がんを告知されたら読む本― 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話の情報概要

                    
作者名 がんを告知されたら読む本― 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話
がんを告知されたら読む本― 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話ジャンル 本・雑誌・コミック
がんを告知されたら読む本― 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話詳細 がんを告知されたら読む本― 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話(コチラクリック)
がんを告知されたら読む本― 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話価格(税込) 1404
獲得Tポイント がんを告知されたら読む本― 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話(コチラクリック)


ページの先頭へ