森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考える 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考える無料サンプル&試し読み


2011年2月の「ラグビー議連」による決議に始まり、2012年11月の国際デザイン・コンクールによるザハ・ハディド案決定、2013年9月の2020東京オリンピック決定をへて今日まで、新国立競技場建設の迷走はつづいている。問題は建設費用や維持費、工期などコストや時間の問題だけではない。建築のあり方、神宮外苑という場での環境、景観、住民問題など、IOCの「アジェンダ21」を無視し、建築関係者など多くの専門家の意見や市民の反対にもかかわらず、新国立競技場建設計画は突き進められていった。数々の記憶のつまった前の国立競技場が解体され、神宮外苑の木々も伐採された今になって、安保法案がらみの政治判断もあり、2015年7月17日、安倍首相によって「現行の新国立競技場建設プラン」は白紙撤回になった。しかし、これから事態がどのように進んでいくか、まったく見えてこない。「いらないものは作らせない。大事なものは残す」。本書は、当初よりこの問題に取り組んできた著者および「神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会」の2年間の活動記録を中心に描いたものである。槇文彦はじめ建築関係者との協力、JSC(日本スポーツ振興センター)とのやりとり、東京都や地域住民との接触など、事の始まりから現在、そして未来まで、この暴挙の全貌と課題がここに明らかになるだろう。巻末には関連年表など貴重な資料を付した。「これは政治運動ではない。あくまで、知られないうちに決まってしまった公共工事が環境を破壊し、次世代へのツケとなるのを防ぐための市民として当然の活動なのだ」



森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考える無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考える詳細はコチラから



森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考える


>>>森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考えるのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



マンガの購読者数は、年々縮減している状況なのです。似たり寄ったりな営業戦略は見直して、積極的に無料漫画などを提示することで、新規ユーザーの獲得を目指しているのです。
本屋ではどんな内容か確認することも躊躇するといった漫画でも、無料漫画サービスを行なっている電子書籍なら、ストーリーをきちんと確認した上で買うかどうかを決めることも可能なのです。
スマホで見る電子書籍は、一般的な本とは異なり表示文字のサイズを好きに変えることができるので、老眼で本を敬遠しているおじいさん・おばあさんでもスラスラ読めるという特長があります。
クレジットで購入する電子書籍は、知らないうちに支払金額が高くなっているという可能性があります。しかしながら読み放題でしたら毎月の支払いが固定なので、ダウンロードし過ぎても利用料金が高額になるなどということはあり得ないのです。
CDを軽く聞いてから購入するように、漫画も試し読みしてから購入するのが当たり前のようになってきました。無料コミックを上手に利用して、読みたかったコミックを見つけ出してみましょう。




森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考えるの情報概要

                    
作者名 森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考える
森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考えるジャンル 本・雑誌・コミック
森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考える詳細 森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考える(コチラクリック)
森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考える価格(税込) 2592
獲得Tポイント 森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考える(コチラクリック)


ページの先頭へ