uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveのuGUIではじめるUnity UIデザインの教科書無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。Unityで魅力的なユーザーインターフェースを作るため、公式UIフレームワーク、 Unity UI(uGUI)をマスターしよう!本書は、Unity 4.6から搭載された Unity UI(uGUI)の解説書です。Unityでアプリを制作する際、画面に情報を表示するテキストラベルや、ユーザーの操作を受け付けるボタンやスライダーといったユーザーインターフェイス(UI)の作成も必要ですが、Unity 4.5以前ではスクリプトを記述する必要がありました。しかし、Unity 4.6以降には、直感的な操作で素早くUIを作成できる、新しいUIシステム(UI system)が搭載されています。uGUI (ユーグイ/ユージーユーアイ)と呼ばれた新UIシステムは、直感的な操作とコンポーネントベースの拡張性が最大の特徴です。これが搭載されたことで、ゲームのUIはもちろん、ツールやユーティリティなど一般的なアプリケーションのUIもぐっと手軽に実装可能となっています。本書ではこの新UIシステムを、基本から解説していきます。カリキュラムは次のようになっています。・Chapter 1では、Unity未経験者でも取り組めるよう、Unityの概要を紹介するとともに簡単なチュートリアルを掲載。・Chapter 2~5では新UIシステムを網羅的に解説。・Chapter 6~7ではモバイルアプリケーションでよく利用されるUIやネイティブプラグインの実践的な制作方法を説明。・Chapter 8ではUI制作に使える便利なアセットやツールを紹介。・巻末にはAppendixとしてUIクラスリファレンスを収録。解説に用いたサンプルコードは、そのまま実践で活用できる、実用的なものとなっており、本書サポートサイトからダウンロード可能です。「魅力的なUIが素早く実装できる」新UIシステムを、ぜひ本書でマスターしてください!



uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書詳細はコチラから



uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書


>>>uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



新作が発表されるたびに漫画を買い揃えると、いずれ本棚の空きがなくなるということが起こるでしょう。だけども実体のないBookLive「uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書」であれば、保管に苦労することがないので、いつでも気軽に読むことができるわけです。
長く続く漫画は連載終了分まで購入しなければならないため、先に無料漫画でちょっとだけ読むという人が少なくありません。やはりあらすじを知らずに漫画を買うのはハードルが高いのでしょう。
電子書籍も一般的な書籍と同じで情報が商品ということになるので、イマイチでも返すことはできません。そんなわけで、自分の好みに合うかを確かめるためにも、無料漫画に目を通すことが大事になります。
手にしたい漫画は結構あるけど、買い求めても置くスペースがないという人は大勢います。だからこそ、整理場所をいちいち気にせずに済むBookLive「uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書」を使う人が増えてきているのだそうです。
本屋には置いていないといった昔のタイトルについても、電子書籍なら見つかります。無料コミックのラインナップには、団塊の世代がずいぶん前に楽しく読んでいた漫画などもあります。




uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書の情報概要

                    
作者名 uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書
uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書ジャンル 本・雑誌・コミック
uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書詳細 uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書(コチラクリック)
uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書価格(税込) 3218
獲得Tポイント uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書(コチラクリック)


ページの先頭へ