インテル 世界で最も重要な会社の産業史 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveのインテル 世界で最も重要な会社の産業史無料サンプル&試し読み


「半導体の集積密度は18~24ヶ月で倍増する」つまり「コンピュータの処理能力は指数関数的に向上していく」、1965年、インテルの創業者であるゴードン・ムーア博士が発表した論文に書かれていた半導体の能力に関する洞察は、「ムーアの法則」として、今日にいたるまで、情報産業にかかわるものが、逃れらない法則となった。その法則を生み出した「世界で最も重要な会社「インテル」の産業史である。ムーアの法則」の誕生のみならず、本書を読む読者が切実に感じるのは、今自分が努めている会社、業界のすべてに通ずる共通のテーマが、鮮烈なエピソードをもって書かれている点だ。すなわち、「技術力か営業力か宣伝力か」という問題。あるいは「才能か努力か」あるいは、「継承か革新か」あるいは「模倣か創造か」本書の中には、コンピュータの心臓部であるマイクロプロセッサ(CPU)を世界で初めインテルとともに開発した日本の電卓メーカーが、最後の最後で社長の判断から契約をキャンセル、結果的には、CPUの知的財産権を逃すという「史上最悪の経営判断」をしてしまう話や、あるいは、モトローラに劣るチップをインテルが営業力でもってシェアを逆転する様など、私たちの今日のビジネスの日々の判断に通じる血わき肉おどるエピソードが満載されている。著者はアメリカの新聞で初めてシリコンバレー担当をおいたサンノゼマーキュリーニュースで最初のシリコン・バレー担当となった記者。1970年代から今日まで、その有為転変を追い続けてきた



インテル 世界で最も重要な会社の産業史無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


インテル 世界で最も重要な会社の産業史詳細はコチラから



インテル 世界で最も重要な会社の産業史


>>>インテル 世界で最も重要な会社の産業史のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



コミック本は、読み終えた後にブックオフのような買取店に売り払っても、わずかなお金しか手にできませんし、再び読みたくなったときに再購入が必要となってしまいます。無料コミックであれば、場所は不要なので片付けに苦労する必要がありません。
仕事がとても忙しくてアニメを見るだけの余裕がないというサラリーマンにとっては、無料アニメ動画が非常に便利です。テレビ放送のように、毎週定時に視聴するなどということは不要なので、空き時間を活用して見ることが可能です。
BookLive「インテル 世界で最も重要な会社の産業史」がアダルト世代に話題となっているのは、若かりし日に幾度となく読んだ漫画を、新鮮な気持ちで自由に楽しめるからだと言えるでしょう。
無料電子書籍を利用するようにすれば、わざわざ漫画ショップにて内容をチェックする必要が一切なくなります。こういったことをしなくても、「試し読み」さえすれば内容の把握を済ますことが可能だからです。
無料電子書籍をDLすれば、急に予定がなくなっても、手持無沙汰で仕方ないなどということがほとんどなくなります。仕事の空き時間とか電車での移動中などにおきましても、十二分に楽しめるはずです。




インテル 世界で最も重要な会社の産業史の情報概要

                    
作者名 インテル 世界で最も重要な会社の産業史
インテル 世界で最も重要な会社の産業史ジャンル 本・雑誌・コミック
インテル 世界で最も重要な会社の産業史詳細 インテル 世界で最も重要な会社の産業史(コチラクリック)
インテル 世界で最も重要な会社の産業史価格(税込) 2199
獲得Tポイント インテル 世界で最も重要な会社の産業史(コチラクリック)


ページの先頭へ