ロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまで 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveのロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまで無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。基本のないところにロボは立たない!上手いロボットイラストは、まずカッコ良くロボが立っているポーズを描くことから始まります。存在感を持って力強く立っているロボの絵のことを、通常「設定画」と呼び、これが描けて初めて「ロボット絵師」になれるのです。本書は、ロボット絵師として約15年の経験と知識を持つ倉持キョーリューが、誰にも簡単に人型ロボットを、楽しく描いてもらうためのヒントを詰め込んだおもちゃ箱のような技法書です。●本書の比類なき4つのウリ(1)四角い箱からロボットを描くのが一般的ですが、本書ではあえてロボの基本原型として「箱ロボ」を開発しましたので、掲載の写真を下敷きにして描いてもよし、掲載のペーパークラフトを組み立てて立体にし、それを観察しながら描いてもかまいません。よりロボットの基本が理解できると思います。(2)本書掲載の、箱ロボと人型ロボ素体を組み合わせた「スーパー箱ロボ」は、皆さんが描きたい独自の「ロボ絵」の下敷きになるでしょう。(3)ロボキャラが立つためには、カッコ良いだけでは物足りません。ロボのデザインを考える上で、機能的な構造を伴った形態感は大前提です。その考え方をどうデザインの実践に反映するかをひも解きます。(4)身の回りのモノや憧れのモノから機能的な形を引き出して、よりメカニカルな性格の「オリジナルロボ」を創る方法を、15名のロボ絵師たちが提案します。



ロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまで無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまで詳細はコチラから



ロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまで


>>>ロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまでのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



購入について迷っている作品がありましたら、BookLive「ロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまで」のサイトで誰でも無料の試し読みをする方が確実です。少し読んでみてつまらないようであれば、買う必要はないのです。
どんな内容かが分からない状態で、カバーの見た目だけで漫画を買うのは危険です。0円で試し読みができるBookLive「ロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまで」の場合は、そこそこ内容を精査してから購入するかどうか決められます。
マンガの売上は、ここ何年も減っているというのが実態です。他社と同じような販売戦略にこだわらず、料金の発生しない無料漫画などを展開することで、新規顧客数の増大を目論んでいるのです。
BookLive「ロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまで」を楽しむなら、スマホが便利です。パソコンは重たすぎるので持ち歩けないし、タブレットも電車など混み合った中での閲覧には向いていないと言えるからです。
多種多様の本を耽読したいという人からすれば、次々に買うというのは金銭的ダメージが大きいものです。けれど読み放題ならば、書籍購入代金を格安に抑えることができます。




ロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまでの情報概要

                    
作者名 ロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまで
ロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまでジャンル 本・雑誌・コミック
ロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまで詳細 ロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまで(コチラクリック)
ロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまで価格(税込) 2052
獲得Tポイント ロボットを描く基本 箱ロボからオリジナルロボまで(コチラクリック)


ページの先頭へ