人生に、引退なし 65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの人生に、引退なし 65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方無料サンプル&試し読み


「体が硬くなると、心も硬くなる」 「今度の登板でのストレート140キロ、期待しています」そんなふうに、現役引退後も私の投球を楽しみにしていただいておられるファンの人々の温かい声が励みになっている。この本が、人生をもっと頑張りたいと考えているみなさんの応援歌になればうれしい。「まだ、現役には負けられない!」そう思ってきたあなたへ。「現役時代より今が楽しい!」そう自信を持って言えるように。【著者紹介】村田兆治(むらた・ちょうじ) 1949(昭和24)年、広島県生まれ。67年のドラフトで、東京オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)にドラフト1位で指名され入団。速球を武器にロッテのエースとして活躍、現役23年間で通算215勝を挙げる。全身を使って投げる独特なフォームは「まさかり投法」と呼ばれた。その後、右ヒジを痛め手術を行うも、約3年のリハビリを経て完全復活。登板日が日曜日になることが多く、「サンデー兆治」として話題をさらった。最多勝、最優秀防御率、奪三振王など数々のタイトルを獲得後、90年、2桁勝利を最後に40歳で現役引退。その後は、離島の子どもたちへの少年野球教室をライフワークに、述べ100回以上訪問している。2005年、野球殿堂入り。13年、千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズ戦で始球式に登板し、63歳にして135キロのストレートを記録し話題となった。 【目次より】序章◆現役を引退してから続けてきたこと第1章◆まだまだ、現役には負けられない!第2章◆今も、熱くなる、ムキになる第3章◆プロフェッショナルの条件第4章◆密やかに、われ一七七回敗戦す第5章◆チームの中で自分の役割を果たせているか第6章◆逆境から、どう這い上がるか



人生に、引退なし 65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


人生に、引退なし 65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方詳細はコチラから



人生に、引退なし 65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方


>>>人生に、引退なし 65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



BookLive「人生に、引退なし 65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方」が親世代に話題となっているのは、10代の頃に反復して読んだ漫画を、また手っ取り早く読めるからだと言えるでしょう。
膨大な数の人が無料アニメ動画を見ています。ぼんやりしている時間とか電車やバスで移動中の時間などに、楽々スマホで楽しめるというのは、本当に重宝するはずです。
超多忙な毎日でアニメを見ている時間がないというサラリーマンにとっては、無料アニメ動画がピッタリです。テレビ放映のように、決まった時間に見ることは要されませんので、空き時間に楽しめます。
漫画を読みたいなら、コミックサイトが重宝するはずです。購入する際の決済も非常に簡単ですし、新作のコミックを買い求めたいがために、面倒な思いをして店頭で事前に予約をすることも不要になります。
購入前に試し読みをして漫画の物語を吟味した上で、納得して購入することができるのがネット漫画のメリットでしょう。予めストーリーを知ることができるので失敗がありません。




人生に、引退なし 65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方の情報概要

                    
作者名 人生に、引退なし 65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方
人生に、引退なし 65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方ジャンル 本・雑誌・コミック
人生に、引退なし 65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方詳細 人生に、引退なし 65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方(コチラクリック)
人生に、引退なし 65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方価格(税込) 1512
獲得Tポイント 人生に、引退なし 65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方(コチラクリック)


ページの先頭へ