本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書) 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書)無料サンプル&試し読み


ウォーターフォールでもない!アジャイルでもない!開発プロセスの新常識システム開発をどのように進めるかという「開発プロセス」の現実解を示した1冊です。日経SYSTEMSの人気連載「開発プロセスのデザイン術」「クラウド設計書の作り方」をベースに加筆・修正しました。従来のウォーターフォール型の開発プロセスを改善し、アジャイル型をはじめ様々な実践項目(プラクティス)を取り込むテクニックを解説。クラウドを利用した開発のほか、ALMやCI、TDD、BABOKなど最新のプラクティスも網羅しています。国内のIT現場に焦点を当てていますので、契約形態や役割分担もなじみやすい内容です。設計書のテンプレートを豊富に紹介していますので、プロセス改善の際にすぐに使えるのも特徴です。<目次>【第1章】 超実践 システム開発の進め方 < 1-1 > システム企画(前編) < 1-2 > システム企画(後編) < 1-3 > 要件定義 < 1-4 > 基本設計 < 1-5 > 詳細設計・プログラミング < 1-6 > テスト【第2章】 クラウド対応 システム設計書の作り方 < 2-1 > プラットフォーム概念図 < 2-2 > 要求仕様書 < 2-3 > アーキテクチャー設計書 < 2-4 > ユースケース仕様書 < 2-5 > データベース設計書 < 2-6 > システム連携の設計書



本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書)詳細はコチラから



本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書)


>>>本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



1冊1冊書店まで行って買うのは時間の無駄遣いとなります。とは言いましても、まとめて購入するのは面白くなかったときにお財布へのダメージが大きすぎるでしょう。BookLive「本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書)」は1冊ずつ買い求められるので、失敗がありません。
BookLive「本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書)」を読むなら、スマホをオススメします。重たいパソコンなどは持ち運べませんし、タブレットもバスとか電車内などでの閲覧には、大きすぎて使いづらいと言えるのではないでしょうか。
アニメが一番の趣味という方にとりましては、無料アニメ動画と申しますのは革命的とも言えるサービスです。スマホを携帯しているというなら、タダで楽しむことが可能です。
スマホを使っているなら、BookLive「本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書)」を時間に関係なく閲覧できます。ベッドでくつろぎながら、眠りに就くまでのリラックスタイムに読むという人が多いと聞きます。
1ヶ月分の利用料を入金すれば、色んな書籍をどれだけでも閲覧できるという読み放題プランが電子書籍で人気を博しています。1巻ずつ買わずに読めるのが一番のポイントです。




本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書)の情報概要

                    
作者名 本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書)
本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書)ジャンル 本・雑誌・コミック
本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書)詳細 本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書)(コチラクリック)
本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書)価格(税込) 2700
獲得Tポイント 本当に使える開発プロセス(日経BP Next ICT選書)(コチラクリック)


ページの先頭へ