首打人左源太事件帖(1) 国内最大級 電子書籍 無料 楽しめる

BookLiveの首打人左源太事件帖(1)無料サンプル&試し読み


生業は首打ち、密通した藩主の側室を斬れとの依頼だったが… 水戸藩士・潮地左源太は、密通した妻のせいを斬って藩を去り、江戸へ出た。下谷の茅屋に居を構える左源太の生業は、その剣技を生かした罪人の首打ちだ。一度の仕事料は十両。上総大多喜藩前藩主の側室・鶴を、不義の簾で斬首する。遺漏なく仕事を終えた左源太だったが、処刑直前、鶴と交わした二言三言を藩の立会人に咎められ、なぜか会話の中身を執拗に追及された…。●多岐川恭(たきがわ・きょう)1920年福岡県生まれ。東大経済学部卒。戦後、横浜正金銀行をへて毎日新聞西部本社に勤務。1953年『みかん山』で作家デビュー。『濡れた心』で第4回江戸川乱歩賞を、翌年には短編集『落ちる』で第40回直木賞を受賞。以降、推理小説と共に時代小説も旺盛に執筆した。



首打人左源太事件帖(1)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


首打人左源太事件帖(1)詳細はコチラから



首打人左源太事件帖(1)


>>>首打人左源太事件帖(1)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



多種多様なサービスに打ち勝って、ここ最近無料電子書籍というスタイルが拡大している理由としては、近場の本屋が減少してしまったということが指摘されています。
テレビで放映中のものを毎週見るというのは面倒ですが、無料アニメ動画として見ることのできるものなら、各々の好きな時間に見ることができるというわけです。
コミックブックと言うと、「若者を対象としたもの」という印象が強いかもしれません。しかしながら最新のBookLive「首打人左源太事件帖(1)」には、お母さん・お父さん世代が「昔を思いだす」と口にするような作品も多くあります。
電車で揺られている間も漫画を楽しんでいたいといった人にとって、BookLive「首打人左源太事件帖(1)」ぐらい重宝するものはないでしょう。スマホを1台持ち歩くだけで、いつだって漫画を読むことができます。
お店で売っていないような大昔の本も、電子書籍には置かれています。無料コミックのラインナップ中には、40代以上の世代が若い頃に繰り返し読んだ本もあったりします。




首打人左源太事件帖(1)の情報概要

                    
作者名 首打人左源太事件帖(1)
首打人左源太事件帖(1)ジャンル 本・雑誌・コミック
首打人左源太事件帖(1)詳細 首打人左源太事件帖(1)(コチラクリック)
首打人左源太事件帖(1)価格(税込) 486
獲得Tポイント 首打人左源太事件帖(1)(コチラクリック)


ページの先頭へ